貝掛温泉館 (貝 掛温泉)
★★★★ 4.0
http://www.kaikake.jp/
最終入湯日 : 2009-8/29
訪れた回数 : 1回

場 所
新潟県南魚沼郡湯沢町三俣字貝掛686
電 話 025-788-9911
風 呂の種類
男女別内湯 ・ 露天風呂
料 金
1000円 (土日祝:1200円)
営 業時間
11:00 - 14:00 (15時までに退館)





飲 泉
循 環
塩 素
加 温
加 水





 
ナトリウム・カルシウム-塩化 物温泉
(貝掛温泉)  35.8度 / ph8.0 / H15.2.18
Na+ = 436.9 / K+ = 6.4 / Li+ = 1.3 / Ca++ = 377.3
Sr++ = 1.2 / Cl- = 1228 / F- = 0.7 / Br- = 7
I- = 3.9 / SO4-- = 153.8 / HPO4-- = 0.4
HCO3- = 17.1 / CO3-- = 0.9 / H2SiO3 = 24.3
HBO2 = 24 / CO2 = 6.6 / 成分総計 = 2291mg






三国街道で群馬と新潟を行き来する際、必ず目に留まるのがここ、貝掛温泉です。
今まで何度も目の前を通過しながら、未湯のままでした。それは何故か!?
それは、立ち寄り時間が合わなかったり、その時の気分が乗らなかったりと、理由は様々で
すが、一番の理由は、高いからです。
日帰り入浴で1200円! ウチは夫婦で2人だから、2400円かぁ。ちょっと考えてしまい、その
都度、「ま、今度来れば良いかな?」と、ずっと後回しにしていました。

そんな折、貧乏湯めぐりの強い味方、温泉博士と言う雑誌の温泉手形企画で、この貝掛温泉
を利用出来ると言うではありませんか。これを逃す手は無いっ!
と言う事で、行って参りました。

さて、たどり着いてみた貝掛温泉。三国街道沿いに大きな看板があるので、街道に面している
のかと思っていましたが、実際は少し離れた所にありました。
秘湯と呼んで相応しい、静かな山間にあります。



結構綺麗なお宿で、途中に鯉が泳ぐ池があり ました。この鯉、私が池に
近づくと、群れを成して私の方に近寄ってくるのです。
きっと餌をくれると期待したんでしょうね。
と言うか、人間が餌をくれるって、ちゃんと分かっているなんて、鯉って
結構頭良いのですね。
妙な所で関心してしまいました。

ちなみに、館内を歩いていたら、「鯉入浴中」と書かれたオブジェ発見。
あの鯉の池に張られているのも温泉だったのだろうか・・・?

さて、肝心のお風呂。男女別にある大浴場に は、それぞれに内湯と
露天があります。
内湯は、入って右側に10人以上入ってもゆったり寛げる大きな湯船
がひとつあります。無色透明のお湯で、湯口からザブザブと源泉が
注がれています。勿論掛け流し。
温度は40度を僅かに下回る温めで、折しも夏の暑い最中、長湯を
するにはもってこいの温度です。
お湯からはごく微量に硫黄臭と、金気臭と潮臭が混ざる温泉臭を
感じます。
強烈な個性はありませんが、万人受けしそうな泉質です。

嬉しい事に、お湯に浸かってしばらくじっとしていると、体毛に細かい
気泡が付着するんですね。
気泡の成長速度は、それほど速くありませんが、時折気泡を払いな
がら、ゆっくりと入浴する事が出来ました。

 


勿論、露天風呂のお湯も、源泉掛け流しで す。
こちらは岩風呂になっており、貝掛温泉の提灯もぶら下がっていて、
雰囲気が良いです。
山間にあるお宿ですので、眺望はまずまずですが、木々に囲まれて
いて雰囲気がとても良く、私以外の利用者のほとんどが、この露天の
お湯を楽しんでいました。
ただ、お湯は少し鮮度が劣るようで、泡付きは殆ど確認する事が出来
なかったのが残念。
個人的には、露天での湯浴みはそこそこに、内湯でじっくりお湯を堪能
しました。

長年の課題だった貝掛温泉に入る事が出来て本当に良かったです。
温泉博士と、その企画に賛同して参加してくれた貝掛温泉に感謝感謝の一湯です。