不二コンクリートの 湯(不二の湯温泉)
★★★★
4.0
http://www1.ocn.ne.jp/~kumafuji/index8.html
最終入湯日 : 2005-10/8
訪れた回数 : 1回

場 所
熊本県菊池郡泗水町田島2444
泉 質
炭酸水素塩泉
風 呂の種類
男女別内湯
電 話
0968-38-3131
料 金
100円
営 業時間
5:00 - 20:45 (7:30-9:30は清掃時間)











源 泉
鮮 度
個 性
風 情
鄙 び
環 境
飲 泉
循 環
塩 素
加 温
加 水











一 言コメント

物凄い立地条件という意味では、恐山霊場内にある共同浴場と
肩を並べるかもしれません・・・





「え、コンクリートの湯!?」
初めてこの施設名を聞く人は、その変な名称に首をかしげる事でしょう。
私もそう言って首をかしげてしまったうちの一人です。
しかし、変なのは名称だけではありません。この施設、コンクリート工場の敷地内という、
実に変な場所にあるのです。

ナビの指示通り、「熊本不二コンクリート工業株式会社」に到着。
敷地内にある温泉という事は知っていたので、ためらわず中に入ったのですが、凄い光景が
広がっていました。
ただっぴろい敷地内には、至るところに土管やら、壁材やら、とにかく色んなコンクリート製品が
置かれています。まぁ、コンクリート工場なので、アタリマエの光景ではありますが、異様な光景に
改めて驚かされます。
思っていたよりも広いところだったので、温泉を自力で探す事は断念。
車を停め、従業員と思われるオジサンに聞くことにしました。

「こんにちは、お忙しいところ失礼します。」
「あ、はい。お疲れ様です!」

お疲れ様ですって・・・
気合の入った挨拶に戸惑いながら、「温泉があると聞いて東京からやって来たのですが・・・」
と聞くと、そのオジサン、とても親切に行き方を教えてくれました。
最後に「ありがとうございました」と言うと、「お疲れ様でした!!!」と言って見送ってくれたのですが・・・
・・・だから、別に仕事してないんだし、疲れていないんだってば。^^;
しかし、とても人当たりが良い方で、正直ホッとしました。良い会社だなぁ〜!

さて、オジサンに言われた通り車を進めると、あったあった。土管やらが沢山積まれている所の
一角に共同浴場のような湯小屋がありました。
思っていたよりも立派な施設・・・
なのですが、至るところに手作りされた痕跡が伺える、実に仮設
チックなつくりをしています。100円入れて入る回転式改札?のようなものは、何だかとてもレトロ
チックで良い味出していますね。
入り口付近には自販機などがあるものの、基本的には脱衣所と浴室だけしかありません。
当然ですが、休憩所などは無し。一般開放されていますが、工場で流した汗を洗い落とす為の、
従業員用の施設っていう雰囲気ですね。

浴室内はと言うと、これまたこじんまりとま とまっています。
中央に4人入ったら窮屈な程度の湯船があり、洗い場も数人分あります。
当然ですが、洗い場には石鹸などの備え付けはありません。
湯船には並々と透明なお湯が注がれてます。暗くてあまり良く見えな
かったのですが、少し黄味を帯びていたような気がします。
臭いは金気臭ですが、若干アブラ臭にも似た特徴的な臭いが混じって
いました。
適温のお湯で、入るとお湯が新鮮なせいか、体中が泡だらけになります。
肌触りはツルツルで実に気持ちが良かったです。

こんな立派な温泉を持つ企業、素敵すぎますね。思わず就職してしまい
たくなりました。(笑)


利用者が結構多かったのですが、矢張り皆さん、新鮮なお湯に浸かりに来たんでしょうね。
でなければ、わざわざこんな変な所にある温泉になんて・・・! (笑)
もしこのお湯を大露天風呂で使おうものなら、何の特徴も無いつまらないものになってしまって
いた事でしょう。
いつまでも新鮮なお湯のまま、小さな施設での営業を続けて欲しいと思いました。