大滝ホテル (湯 河原温泉)
★★ 2.5
http://www.ootaki-hotel.com/
最終入湯日 : 2009-10/23
訪れた回数 : 1回

場 所
長野県諏訪市湖岸通り4丁目1-9
電 話 0266-52-0604
風 呂の種類
男女別内湯
料 金
500円
営 業時間
10:00 - 21:00 (最終受付30分前)





飲 泉
循 環
塩 素
加 温
加 水
×



 
ナトリウム・カルシウム-塩化 物・硫酸塩泉
(湯河原第133号) 88.9度 / pH8.2 / H12.10.12
Na+ = 488 / K+ = 23.9 / Mg++ = 0.84 / Ca++ = 189
Cl- = 756 / SO4-- = 454 / HCO3-- = 51.5
HSiO3-- = 3.48 / BO2- = 1.13 / H2SiO3 = 112
HBO2 = 11.5 / 成分総計 = 2100mg






湯河原温泉の旅館が立ち並ぶ温泉街を抜けて、奥の方にポツンとあるお宿です。
すぐ正面に川が流れており、このホテルから上流少し行ったところの川辺に、源泉の集湯槽と
思われる構造物が幾つかあります。その中の幾つかからは、湯気が上がっていました。
どうやらこの一帯でお湯が沸いているようです。このホテルの源泉も近くにあるのでしょうか?

ホテルの内部は、少し年季を感じるもので、どことなく昭和の香りがします。
フロント近くにはお土産コーナーがあり、館内にはラウンジやゲームコーナー、スナックなど
が揃っています。訪れたのが平日の昼間だったせいか、館内は少し暗くてとても静か。
それらを横目に、お風呂はエレベータで上階にあがった場所にあります。
内湯と露天がありました。





まずは内湯。入って右側に大きな湯船がひと つ、左側に洗い場が並んで
います。
この規模のホテルとしては、相応と呼べる広さの浴室です。ただ、全体的
には、館内と同様に少し年季を感じます。
脱衣所から数段降りる形になるのですが、そのせいもあって、天井が低く
感じられます。

湯船に張られたお湯は、無色透明。滝のような大きな湯口から湯が滴り落
ち、湯船からもざばざばとお湯が溢れています。見た感じ掛け流しで、少し
期待をしたのですが・・・
残念ながら、お湯からは塩素臭が漂います。広い湯船だし、やはり循環は
されているようです。

お湯の印象は、塩素臭ゆえにあまり宜しくありません。ただ、僅かに潮臭を
感じ、源泉そのものの特徴が完全に失われていない事が分かります。
溢れているお湯は、洗い場に流れ去っているので、回収して再利用はして
いないと思われます。
と、すると、湯量は結構あると思うんですよね。
塩素臭さえ無ければ、結構気持ちが良さそうなお湯だけに、非常に残念です。

続いて露天風呂。内湯から行くと、脱衣所に 一旦戻ってすぐの所にあるドアから
出る仕組みです。
基本的に裸&多少濡れた体でも大丈夫そうですが、少しだけ面倒な造りです。
この露天は後から増築されたのでしょうか・・・?
岩風呂になっており、屋根が掛かっているので開放感はそこそこですが、目の前
には緑が広がる、悪く無い造りです。
こちらにも同じく無色透明のお湯が張られています。
ただ、お湯の印象は、内湯より僅かに塩素臭が強めで、あまり良い物ではありま
せん。
加えて、内湯に残っていた源泉の特徴は、完全に失われており、これでは・・・って
感じがしてしまいます。
ちょっと残念だったかな・・・?


後で聞くと、この大滝ホテルさん、邸内から源泉が沸いており、独自源泉だったようです。
なんと・・・っ!
でも、独自源泉でも、お湯の使い方ひとつだよなぁ。
お風呂がつく部屋もあるようで、そちらには源泉100パーセントだそうです。
源泉をベストな状態で楽しむには、宿泊しなければならない一湯です。