大 楠温泉(大楠温泉)
★★★☆
3.5

最終入湯日 : 2005-1/10
訪れた回数 : 1回

場 所
神奈川県横須賀市秋谷2-2-1
泉質
単純硫化水素泉 (鉱泉)
風呂の種類
男女別内湯
電話
0465-56-8800
料金
入浴料 : 600〜1300円 (時間によって異なる)
 
- 大楠温泉 -

三浦半島の西側に位置する冷鉱泉。源泉は大楠山の麓に沸き、
それを引湯して利用している。
周囲は海水浴場等で賑わい、ダイバーや地元民の利用も多い。

 

鎌倉へ遊びに行った帰りに寄りました。
当初、この日は温泉に入る予定が無かったのですが、そのまま家に帰るのも
つまらないと思い、ナビで適当に検索して見つかったのがこの温泉です。
事前に口コミ等の確認をしていなかった為、「まぁ、ハズレても自宅で風呂入る
よりはマシだろう。」位の軽い気持ちで立ち寄りました。

大楠温泉は、三浦半島の西側、鎌倉からおよそ15キロ足らずの場所にあります。
道程にすると近いのですが、渋滞にはまってしまい、到着まで1時間近くかかって
しまいました。
国道134号線の傍、住宅街にあるとても古い旅館です。かなり鄙びていますが、
それがなかなか良い風情を醸し出しています。
受付を済ませ、足元がギシギシ鳴る廊下の先にある浴場を目指す。

まず脱衣所。比較的広めに取ってあるのですが、ここもそれなりに古く、まるで
民家の風呂場みたいな造りをしています。壁には温泉効能書きの他に張り紙
があり、「ピップエレキバン等は、ボイラーが詰まる原因になるので、外して入って
下さい。」みたいな事が書かれている。源泉の温度が15度程で冷たい為、加熱
して循環をしている模様。これは、冷鉱泉だと仕方が無いかな?

次に浴室。浴室の脇にカランが6人分ある。備え付けのシャンプーは無かったが、
籠が3つ程あり、中に石鹸が大量に詰め込まれている。
備え付けの石鹸で体を洗わせて貰ったのだが、どうもシャワーは出が悪く、カラン
から桶にお湯を汲んで体を流す。

浴槽はタイル張りで5〜6人ゆったり入れそうな大きさのもの。透明なお湯が張られ
ており、2本のジャグジーが勢い良くお湯を泡立たせている。
浴槽には幾つものパイプが刺さっており、明らかに循環をしている。しかし、加温、
循環、そのうえジャグジーと、お湯を劣化させる条件を完全に兼ね備えているにも
関わらず、不思議とお湯の質は悪くない。
結構熱めのお湯で、しっかりと硫黄臭がする。湯花こそ浮いていないですが、臭いと
肌触りは野沢温泉の「中尾の湯」や「横落の湯」を少し薄めたような感じのものでした。
「リゾートイン・あべ」と「中尾の湯」を足して2で割ったような感じかな?
しっかりとした浴感があり、全く期待していなかった分、良い意味で期待を大いに
裏切られた。

ちなみに、私は塩素に比較的敏感なつもりでいますが、入浴中に塩素っぽさを感じる
事はありませんでした。塩素は大嫌いなので、入っていないのは大いに結構な事なの
ですが、アルカリ性温泉の循環ジャグジー風呂で、レジオネラ対策をどうしているの
かが、少し心配になるトコロです・・・
(塩素に気付いていないだけかも知れませんが・・・)


意外な所に沸く、意外と良い温泉。
これでジャグジーを無くし、循環せずにかけ流してくれれば、野沢並みにかなりレベルの
高い温泉になりそうなのですが・・・
湧出量が毎分22リットルとの事ですし、少ない湯量で冷鉱泉を維持する事を考えれば、
そんな我侭も言えないかも知れません。
良いお湯に出会えて嬉しいような、お湯本来の姿で楽しむ事が出来ずに悲しいような・・・
そんな複雑な心境で帰路につきました。