原口温泉(吉 松温泉)
★★★★
4.0

最終入湯日 : 2005-10/8
訪れた回数 : 1回

場 所
鹿児島県姶良郡湧水町鶴丸1172
泉 質
単純泉(?)  重曹系モール泉と思われ・・・
風 呂の種類
男女別内湯
電 話
0995-75-2045
料 金
200円
営 業時間
6:00 - 21:00











源 泉
鮮 度
個 性
風 情
鄙 び
環 境
飲 泉
循 環
塩 素
加 温
加 水











一 言コメント

個性的なお湯が印象的な、鄙び系温泉銭湯です。






「吉松温泉」は、鹿児島県でも限りなく熊本や宮崎の県境近く、姶良郡湧水町に位置する
温泉地です。
鉱物アブラ臭がするモール泉と聞いており、今回の九州遠征でも特に入ってみたかった
お湯の一つで、ここ「原口温泉」と「鶴丸温泉」はお湯の良さで双璧をなしているそうです。
建物の外観はまるでプレハブで、看板が無ければどこかの商店と勘違いしてしまいそう。
てっきり日帰り入浴のみの温泉銭湯かと思っていたのですが、宿泊も出来るようですね。

入浴料は200円です。他所のサイトを見ると、300円だったり250円だったりするのですが、
値下げしたみたいです。
周辺に日帰り入浴が出来る施設が多いために、価格競争でしょうか。
良いお湯に安く入れるのは有り難い事なので、消費者として値下げは大歓迎なのですが、
他のところも道連れに共倒れ、なんて事にならないよう、ホドホドにがんばって欲しいものです。


さて、肝心の浴室はと言うと、所謂温泉銭湯と言った感じの造りです。
浴槽は中に仕切りのあるものが一つあり、仕切り手前が温め、湯口がある
仕切り奥が熱めに設定されています。
洗い場も数人分あるのですが、石鹸やシャンプーなどの備え付けはありません。
ちなみに、カランからも温泉が出ます。温泉銭湯って、何故かそういうところが
多いですよね。

お湯は、紅茶のような褐色をした黒湯です。
見た目だけで話をすると、東京や千葉なんかでよく見られる黒湯と同じような感じです。
ただ、東京なんかの黒湯は見た目に強烈だけど、臭いはさほど・・・ というのが殆どですが、
ここのは臭いが実に特徴的です。何だか、鉱物アブラのような、イソジンうがい薬のような、
何だか非常に変わった臭いがしました。
肌触りは重曹泉らしくヌルヌルするもので、この辺は東京なんかの黒湯と感触が非常に良く
似ています。
試しに飲んでみた印象ですが、何だかハーブティーを飲んだ後のような、妙な清涼感があり、
スースーするような感じでした。

臭いといい味といい、かなり個性的なお湯だと思います。
うーん、しかしながら、決して私好みのお湯では無いみたいで、毎日通うかと言われると微妙
ですが、近くへ行かれる際は是非訪れてみて欲しい施設の一つですね。