双葉旅館 (川 内高城温泉
★★★★ 4.5

最終入湯日 : 2006-10/6
訪れた回数 : 1回

場 所
鹿児島県薩摩川内市湯田町6461
電 話 0996-28-0873
風 呂の種類
男女別内湯
料 金
250円
営 業時間
7:00 - 21:00





飲 泉
循 環
塩 素
加 温
加 水





 
単純硫黄温泉
(混合泉) 50度 / ph9.5
Na+ = 74.9 / K+ = 0.8 / Nh4+ = 0.8 / Ca++ = 1.1
F- = 1.3 / Cl- = 1.3 / HS- = 2.1 / S2O3-- = 4.4
SO4-- = 15.1 / HCO3- = 100.1 / CO3-- = 30.3
H2SiO3 = 49.7 / 総計 = 281.9mg






双葉屋の目の前にあるのがこちら、双葉旅館です。
こちらは双葉屋と同じ経営らしく、双葉屋の女将さんは双葉屋を「本館」、双葉旅館
を「別館」と呼んで区別しています。
料金はこちらでも払えるのですが、双葉屋に立ち寄った際、女将さんに両方分をまと
めて払ってしまいました。
「好きなだけ入って行ってね〜!」と、女将さん。なんともおおらかです。

お風呂は男女別で、内湯があるのみです。
本館に比べると随分と手狭な印象で、似たようなタイル張りの浴槽がふたつ
並んでおり、それぞれが熱湯と適温湯に分かれていました。
湯口は熱湯側にあり、ふたつの湯船は浴槽の底の部分で繋がっています。
川内高城温泉のお湯は共有源泉なので、浴感などは先ほど入った本館の
ものと殆ど違いがありません。
無色透明、所々白湯花、ほんのり甘い硫黄臭のするツルツルするお湯です。
ただ、こちらの熱湯浴槽はとても気に入りました!
ゆったり入るなら一人が精一杯と言う程の小さな湯船が幸いしてか、鮮度が非常に
良いんです。
熱いですが、立ち込める硫黄臭とガツンと来る入り応えのお湯で、思わずじっくりと
入ってしまい、ヘロヘロになってしまいました。


川内高城温泉はこの後も幾つか入り、同じお湯、似たような浴室の造りが続くのです
が、その中でもこの双葉旅館はとても気に入りました。
湯巡りを考えられている方がいたら、イチオシでオススメしたい一湯です。