ひめかゆ(焼 石岳温泉)
★★★★
4.0
http://www.himekayu.com/
最終入湯日 : 2005-12/30
訪れた回数 : 1回

場 所
岩手県胆沢郡胆沢町若柳字天沢52-7
泉 質
ナトリウム-塩化物温泉
源泉名:焼石岳温泉(ヒメカ湯)
71.7度 / ph7.1 / 17,190mg 
風 呂の種類
男女別内湯
電 話
0197-49-2006
料 金
310円 (1時間)
営 業時間
9:00 - 21:30











源 泉
鮮 度
個 性
風 情
鄙 び
環 境
飲 泉
循 環
塩 素
加 温
加 水






×




一 言コメント

ちょっと変わったアブラ臭が心地よいお湯に大満足でした。






ここに入る前に立ち寄った「国見平温泉」から車でおよそ20分の場所にある日帰り入浴
施設・・・ と、思いきや、宿泊も出来るみたい。
見た目には日帰り施設っぽい造りをした所です。
とても強烈なアブラ臭がすると言う噂で行って参りました。
立派なセンター系施設で、1時間310円。お風呂場は大広間や休憩室?があるながーい
廊下を抜けた先にありました。

浴室は内湯のみで、広々とした湯船が一つあります。
入ってまず驚いたのが、国見平で嗅いだようなクレゾールに似たアブラ臭で、
「これでもか!」と言うほどに充満していました。


次に驚いたのは、湯口に取り付けられた、巨 大な湯花キャッチャー。
タオルを縫い合わせて作られており、虫取り網のような状態で湯口に固定
されています。
そこに源泉がザバザバ大量投入。
この膨らんだタオルに鼻先を近づけ、タオルを揉んですーはーすると、実に
素晴らしいアブラ臭を堪能する事が出来ます。
湯口で嗅ぐ臭いは、浴槽内のお湯で嗅ぐクレゾール臭とは若干異なり、どこか
喜連川の第二浴場を彷彿とさせるアブラ+硫黄臭です。なんでこのお湯が
クレゾールのような臭いになるのか、実に不思議です。

臭い以外の特徴としては、黄色薄濁りのお湯 で、所々赤茶色の湯花が
舞っています。
肌触りはツルツルで、なかなか良い感触ですね。塩分を多く含むらしく、
かなり温まるお湯です。湯口のお湯をなめてみたところ、塩味と妙な
苦味?を感じました。
とても広い浴槽なので、どうやら循環されているみたいです。また、塩素消毒も
されているみたいですね。
しかしながら、仮に塩素が入っていたとしても、強烈な臭いで掻き消されてしまい、
殆ど分からないほど強烈な個性を発揮していました。
うーん。こんな濃いお湯、他では滅多にありませぬぞ!


このお湯は、ヘンな理屈は抜きで、何も考えずに堪能するに限りますね。
湯上りは汗だくになりました。ガツンとくる浴感がある、とても素晴らしいお湯でした。
とても珍しいお湯です。近くに行かれる際は、是非とも立ち寄って欲しい一湯です。