森乃湯(八 幡平温泉)
★★★★
4.0

最終入湯日 : 2005-5/3
訪れた回数 : 1回

場 所
岩手県岩手郡松尾村寄木1-590-280
泉質
単純硫黄泉 / 硫化水素型
風呂の種類
男女別内湯 ・ 露天 ・ サウナ など
電話
0195-78-3611
料金
入浴 : 500円

  - 八幡平温泉 -

岩手山中腹にある温泉街。秋田県側にも「八幡平温泉」が
ある事から、区別する為に「東八幡平温泉」と呼ばれる事もある。
旅館だけでなく、ペンションやコテージ等が多く並ぶリゾート地です。
冬場はスキー客で賑わう。





2005年の5月3日、ゴールデンウィークの真っ最中に利用しました。
この日は青森県の西海岸沿いでゆっくりし過ぎ、素泊まりで予約を入れていた
八幡平温泉のペンション、「アルプ八幡平」 に到着した時には、夜の9時過ぎに
なってしまっていました。
まずは慌しくチェックイン。勿論事前に遅れる事は連絡済みでしたが、キャンセル
扱いにされず、ちゃんと部屋に通して貰えた事で、ホッと胸を撫で下ろす。

さて、このペンションに着いた時から、非常に気になっている事がひとつありました。
それは、ペンションにある隣の建物です。「森乃湯」などと言う昇り旗が立てかけられて
おり、見た感じでは明らかに温泉施設か何かのようです。
ペンションの女将さんに「隣のは共同浴場か何かですか?」と聞くと、「そうです」
との事。10時までの営業らしいです。この時、時計の時刻は9時30分。
到着後の一息をつく間も無く、急いでペンションを飛び出し、小走りで森乃湯へ
向かいました。


ここ森乃湯は、八幡平温泉がある「松尾村」が経営する日帰り入浴施設です。
9時半という遅い時間であったにも関わらず、地元の人を中心に結構な人で
賑わっていました。所謂、どこにでもありそうな日帰り温泉施設です。
共同浴場のような、鄙びた感じを期待していたのですが、思いのほか新しかった
のがチョット残念。

お風呂は内湯と露天、サウナなどがあるようです。
今回利用したのは、内湯と露天のみ。

まずは内湯。
湯屋を意識して作られているのか、天井の梁などはなかなか見応えがあります。
洗い場はおよそ7-8人分あり、日帰り入浴施設らしく、備え付けのシャンプーや
ボディーソープがあります。
肝心な湯船は、とても広々としたものなのですが、一部寝湯、一部ジャグジーになっており、
ちょっとガッカリ。お湯は明らかに循環されています。
ただ、バリバリの塩素臭かと思いきや、全くそんな事はありませんでした。
むしろ、ほのかな硫黄臭が心地よい、優しい印象のお湯です。
浴感はあまりありませんでしたが、塩素特有の肌チクチク感も無く、この手の施設にしては
悪くは無いと思いました。
しかし、、、 同じ浴槽にジャグジーがある為、ゆっくり入りたくても全く落ち着かない。
結局内湯には3分と入っていられませんでした。



次に露天。
露天には湯船が2箇所、階段を上った上と、内湯と同じ高さの
下にあります。
まずは上にある湯船に入る。入れてせいぜい2人程度の、比較的
小さな浴槽です。

こちらは、内湯のお湯とは全く印象の異なる、焦げたような硫黄臭が
心地よい、薄白濁の気持ちが良いお湯です。
恐らくかけ流しにされているものと思いますが、源泉の投入量は
かなり控えめ。
少し高台にある事もあり、風通しの良く、さっと汗が引き肌がサラサラ
になる、とても気持ちが良いお風呂でした。

次に、下にある露天。
こちらは、内湯と上にある露天の間に挟まれるような位置に
あり、開放感があまりありません。

お湯は、上にある露天と同じもの。それもそのはず、上の湯の
オーバーフローが、滝のようになって下の湯に流れ込む仕組みに
なっているのです。
「それって、衛生的にどうなのよ・・・?」 と、思うが、一応下の湯
にも下の湯専用の湯口がついています。

正直、上に人が入っている時だと、あまり落ち着かないお風呂です。


全体的な印象は、お湯がチョット良い、どこにでもありそうな日帰り入浴施設と言った
感じです。
たまたまこの日は、閉館ギリギリの時間に訪れた為、最後あたりは貸しきり状態で
利用する事が出来ました。
そんなワケで、評価は少々甘めな★4つ。
もしこれで普通に混んでいたら、星3.5個くらいにしていたかも知れません。


でもまあ、なかなか良い所だと思いますよ。
マニアック過ぎない所で、無難に温泉を楽しみたい人にはオススメ出来るところです。






なお、ココで使われているお湯は、「マグマの湯」源泉と呼ばれています。
マグマの湯の元となっているのは、なんと蒸気だったりします。

事のあらましを簡単に説明すると、ボーリングで温泉を掘ろうとしたところ、お湯では
無くて蒸気が噴き出しました。
当然、蒸気ではお風呂を作れません。
結果、吹き上がる蒸気の力を利用した発電所、松川地熱発電所が出来上がりました。

さてこの発電所、蒸気の力でタービンを回し電力を発生させているのですが、なんせ
相手は蒸気、タービンに水滴が沢山つきます。
じつは、この水滴こそが、マグマの湯の正体なんです!


以上。


「3へぇ」 くらかな?