五浦観光ホテル 本館 和風の宿 (五浦温泉)
★★★ 3.5
http://www.izura.net/
最終入湯日 : 2010-1/22
訪れた回数 : 1回

場 所
茨城県北茨城市大津町722
電 話 0293-46-1221
風 呂の種類
男女別内湯 ・ 露天風呂
料 金
1000円
営 業時間
要確認 (比較的いつでも入れる模様)





飲 泉
循 環
塩 素
加 温
加 水





 
ナトリウム・カルシウム-塩化 物泉
(五浦観光ホテル 1号温泉)
71度 / ph7.9 / H20.12.5
Na+ = 3800 / Li+ = 1.9 / K+ = 25 / Ca++ = 1700
Mg++ = 1.5 / F- = 7.9 / Cl- = 7900 / SO4-- =
HCO3- = 5.8 / H2SiO3 = 52 / HBO2 = 60.8
成分総計 = 13580mg






先日湯めぐりをした、平潟港温泉。その平潟港から、車で10分足らずの所に、隣り合う
ようにしてあるのが、ここ、五浦温泉です。
五浦温泉も、平潟港温泉と同じく、最近になって温泉が採掘された新興温泉です。
ただ、多くのお宿にお湯を引き湯している平潟港と違い、ここ五浦温泉のお湯は、五浦
観光ホテルと、小さな民宿2軒に引いているだけと言う、非常に貴重な物です。
当然私は、小さな民宿に興味があり、立ち寄り入浴をお願いしてみらのですが・・・
どちらも、日帰りは受け付けていらっしゃらないとの事で、玉砕!
と、言うわけで、五浦観光ホテルにやってきました。

さて、その五浦観光ホテル、たどり着いたは良いけど、何だかとても大規模なホテル
です。本館と別館があります。中で繋がっているのだろうかと、とりあえず本館に入っ
てみました。本館は「和風の宿」と名前を冠しており、エントランスは何とも和風で
落ち着いた佇まいをしています。
フロントの方に、立ち寄り入浴をお願いすると、「こちらは本館ですが宜しいですか?」
と聞かれました。どういう事か聞いてみると、本館と別館は別の建物で、それぞれに浴場
があるのだそうです。こちらの本館は庭園露天風呂、別館も露天だそうですが、湯使いは
別館の方が良いそうです。どうしようか悩んでいると、そのフロントの方が、「両方とも
お入りいただいて結構ですよ」「湯めぐりされては如何でしょう」と仰って下さいました。
それは有難いです。早速、こちら本館を利用させて頂く事に。
それにしても、このフロントの方は、若い方でしたが、物腰柔らかで、とても親身な対応
をして下さり、非常に印象良かったです。
なお、私のHPでは、建物が違い、フロントも別々にある事から、本館と別館は別施設
として扱っておきます。

さて、その感じが良いフロントマンさんに、丁寧に行き方を教えて貰ったお風呂は、
廊下を少し歩いた先にあります。一旦建物の外に出て、離れのような場所に脱衣所が
あり。その先が露天になっていました。当然ながら男女別です。
結構広い湯船があり、洗い場も数人分並んでいます。少し薄暗くて、良い雰囲気です。
庭園露天風呂らしく、一角には石灯籠なども置かれ、雰囲気を盛り上げていました。



さて、肝心のお風呂。暗いので観察は難しい ですが、透明感があり、僅かに
黄色く見えるお湯です。
フロントマン曰く、循環されているとの事です。確かに一部に吸い込み口が
あります。ただ、それでもお湯の特徴はしっかりと残っており、複雑なアブラ臭
がします。潮臭と金気臭、それに、ガス臭のような独特な薬臭を感じます。
お湯に使っているとツルツルした感触がありますが、お湯から出ると、ペタペタ
した肌触りが残ります。これは食塩泉ならではと言う特徴です。

食事時間だからでしょうか、お風呂には私の 他にお客さんがおらず、独占
状態です。
循環がされていますが、お湯の鮮度は悪くありません。湯船からは勢い良く
お湯が流れ去っています。洗い場と同じ所から排水されているので、溢れた
お湯は循環で利用されるとは考え辛く、ちゃんとその分の源泉が注がれて
いるのだと言う事が見て取れます。
かなり豊富な湯量で、驚きました。
s

特徴的なお湯と聞いており、最初からある程度期待して入りましたが、その期待を
裏切る事の無い、素晴らしいお湯でした。
折角雰囲気良いのだし、これだけの湯量があれば、掛け流してくれればとも思いまし
たが、お陰で別館へ行く楽しみも残っていると言う訳で、良いような悪いようなです。
もし2軒両方とも入るのであれば、順番を間違えると、少しガッカリするかもですが・・・
ともあれ、掛け流されていると言う別館のお湯の期待が膨らむ、素敵な一湯でした。