乙女の湯 (六 甲おとめ塚温泉
★★★★ 4.0

最終入湯日 : 2008-10/14
訪れた回数 : 1回

場 所
兵庫県神戸市灘区徳井町3-4-14
電 話 078-851-2228
風 呂の種類
男女別内湯 ・ 露天 ・ ジャグジー ・ サウナなど
料 金
380円
営 業時間
6:00 - 25:00





飲 泉
循 環
塩 素
加 温
加 水





 
ナトリウム-炭酸水素塩・塩化 物温泉
(六甲おとめ塚温泉 乙女の湯)
41.1度 / 480L / 動力 / H14.5.1
Na+ = 306.8 / K+ = 4.8 / Ca++ = 15.8 / Mg++ = 4.4
Al+++ = 0.8 / Fe++ = 0.4 / Cl- = 244.8 / F- = 0.2
HCO3- = 471.1 / CO3-- = 0.6 / H2SiO3 = 109.3
HBO2 = 10.1 / CO2 = 9.7 / 成分総計 = 1179mg







前日は島根の小屋原温泉に宿泊。昼過ぎに島根を出発し、向かった先は、兵庫県は神戸市
です。私の湯めぐり友達が、兵庫にいるので、久しぶりにお会いする事になったのです。
その友人に「ここ良いよ!」と薦められたのが、ここ、六甲おとめ塚温泉。ナビにセットしたら
出てきたので、ルート案内されるままに走っていたらたどり着きました。
私にとっては記念すべき、兵庫県で入る、初めての温泉です。

さて、その六甲おとめ塚温泉。場所は住宅地のど真ん中で、まるで温泉とは無縁そうな場所
なのです。本当にこんな所にお勧めの温泉があるのでしょうか・・・?
しかも、外観が、結構怪しい。不安になってきました。B級施設だからお勧めとかって話じゃ
ないよね?

とりあえず中へ。初めての神戸の温泉、ちょっとドキドキです。東京から来たのがバレたら摘
み出されないだろうかとか、少し心配になってみましたが、施設の人はとっても親切で、一安
心です。(当たり前な訳ですが・・・w)

お風呂は当然の事ながら男女別。浴室入って、ちょっとだけ、?ってなりました。面白い造りを
しているのです。脱衣所から出ると、まずは階段があります。それを登っていくと、中二階みた
いな所に洗い場と湯船があります。この湯船はジャグジーで、ほんのり塩素臭。それを素通り
して更に階段を上がると、また洗い場があり、ジャグジーでは無い湯船があります。
なんでこんな階段だらけなのでしょう・・・?
神戸の銭湯と言うだけで緊張状態の私にとって、このヘンチクリンな造りには、少し困りました
が、とりあえずその湯船に浸かって見る事にしました。



で、そのお湯。友達が進めるのだから、きっ と良いに違い無いと思って
観察してみると・・・
おおおおお・・・っ!? って感じです。ほんのりウーロン茶色をした透明の
お湯は、肌触りツルツルな訳ですが、特筆すべきは気泡なのです。
物凄い勢いで体毛に気泡が付着します。払っても払っても・・・ これはちょ
っと凄いかも!?
お湯はほんのり鉱物臭。それにモール系の甘い匂いも僅かに加わります。
へぇ、良いじゃん!

この通常浴槽があるフロアからは、露天風呂 にも行けます。友人が露天をイチ
オシしていたので、そちらにも行ってみました。そこにあったのは、10人以上で
もゆったり入れそうな、広々とした湯船です。

こちらに張られているお湯も、内湯と同じ源泉です。ただ、湯口から注がれてい
る湯量がまるで別物! ドバドバと勢い良く注がれております。あまりに湯量が
多いと、循環された物かと疑ってしまいますが、これがしっかりと掛け流しなの
です!鮮度が悪い筈もありません。
お湯の印象は内湯と同じ。しかし、鮮度のバロメーターとも言える、泡付きの量
は、内湯とは比較にならない勢いです。払っても払っても泡が付着します。
こんな激しい泡付き、他ではなかなかありません!
いやぁ、気持ちが良いなぁ!


この後友人と待ち合わせがあったので、長湯をする事が出来なかったのですが、もじ時間が
許されるならばずっと入っていたいと思った一湯でした。