温泉備忘録につ いて、補足説明。

お約束・・・

堅苦しくてゴメンナサイ
このページは、Jakeが温泉に入った「備忘録」です。
ですので、ここに書かれている内容はとても主観的で、 寸評や評価などは、
場合によっては大多数の人が下す評価と著しくかけ離れているかも知れません。
あまり参考にされる方はいらっしゃらないかと思いますが、万が一私の評価を
参考にその温泉へ行き、全然良くなかったとしても、その責は一切負え ませんので
予めご了承下さい。

細かい説明は以下に・・・


Jakeにとって
温泉とはなんぞや?
車を買い、ドライブをしたくなりました。ただ、目的無しにドライブをして も楽しくないので、
何か目的が欲しくなりました。
時には海を見るために千葉へ行き、時には逃げる桜前線を追いかけ、時には旨い海産物
を食べる為に日本海側まで走り・・・
そんな時に「良いかも!?」と思ったのが日帰り温泉で す。
温泉ならば、適度な距離を走れるし、1時間もあれば用が済みます。
かくして、温泉に入る!という目的でドライブをするようになりました。


評価について
はっきり言って、明確な基準はありません。「こんなもん かな?」と、テキトーにつけています。
一言で簡単に説明すると、もう一度そこに行きたいかどうか?が、 基準です。

だいたいの目安は以下の通り。


モウコネエヨ! ヽ( `Д´)ノ <ウワァァァーン!!!
★★
( ´_ゝ`)フーン、コンナモンカ・・・ 恐らく、もう来ないでしょう。
★★★
まーまーだね。また来ても良いかモナー? (´∀`)
★★★★
 (・∀・) イイ!  是非ともまた来たいです!
★★★★★
アヒャヒャヒャヒャ ((゚∀゚(゚∀゚(゚∀゚)゚∀゚)゚∀゚)) アヒャヒャヒャヒャ!!!
評価不能
様々な理由により評価出来ない施設 (下記に補足)

もう一度行きたいか行きたくないかの判断は、あくまで私の主観によるものです。
基本的にはお湯の良し悪しが一番の評価ですが、お湯以外にも周辺環境や金額、浴室の風情、
個人的な思い入れ、その場のテキトーな勢い等にも左右されます。
あくまで目安ですし、厳密な基準があって評価している訳ではありません。文章を参考にして頂けた
方が嬉しいです。

今のところ、お湯そのものに評価を付けることは考えていません。
温泉は季節や天候で泉質が異なる事もあり、私が行ったときだけたまたま・・・ という事もあり得ます。
それに第一、私自身、自信持って評価出来るほど温泉の泉質に詳しくありません。
(体調が違えば、お湯の感じ方も違ってくるし・・・)

なお、評価不能に ついてですが、これは別に、「評価出来ない程に酷い!」という訳ではありません。
むしろ、評価出来ない程に素晴らしいとかの方が多いかも。
例えば、野湯とか、アビルマン系の温泉など。そもそもそういう所は、入浴を目的に用意されている所
では無いので、評価する事の方が不毛と思っています。
「脱衣所が無くて、足場が悪く、泥だらけで汚かった!」と文句を言っても、「野湯ですから」の一言で終
わりです。
あと、個人宅や、純粋な厚意のみで入れていただける所も評価しません。だって、親切心で入れてくれ
た方に対し、「うーん、君んちの風呂、星3つね。」とか、幾らなんでも失礼でしょ。^^;
評価不能な場所の良し悪しは、詳細ページの本文を読んでどういう所なのか参考にして下さいね。



最後に、繰り返しになりますが、お湯のランク付けや施設の充実度など の 評価で はありませんので、
予めご了承下さい。
「へー、コイツ、こんな温泉が好きなんだ〜」 程度の参考にして下さい。

「この旅館に行くんだけど、○○についてもうちょっと 具体的にどう ですか?」というよう なご質問があれ
ば、掲示板までどうぞ。
喜んでお答え致します。 (例によって回答には責任を負いませんが。^^;)


温泉記録について
入浴数に限らずですが、数を数えるのが好きなので・・・
後で見返してみて、「おー、凄い! こんなに入ったのかぁ!」と、自己満足する為につけています。

カウントは基本 的に施設の数です。受付、もしくは入り口の数と言っても良いかも知れません。
例えば、草津温泉の場合、タダで入れる共同浴場が幾つもあります。「千代の湯」と「関の湯」に
入ったとして、どちらも町営で無料。そのうえ、源泉は同じ「湯畑」で同じ。距離も比較的近い。
それでも、それぞれ別の温泉施設としてカウントしていますので、この場合は2箇所になります。

次に、地獄温泉清風荘の場合。ここは、一つの旅館で複数源泉を所有しており、それぞれが
特色の違うお湯です。一つのお風呂に入ったら、もういちど浴衣を着て、下駄で次の浴場に移動
する必要があります。それでもこの場合はあくまで「清風荘」という、受付が一箇所しかない、
一つの施設としてカウントになりますので、幾ら沢山の種類に入っても1箇所とカウントします。

また、足湯は入浴回数にカウントしません。個人的に、「お湯に肩ま で浸かってこそ入浴」と思って
いるからです。手や足が湯に浸かったから言って、仮にそれを入浴と認めてしまうと、
例えば、西の
河原公園に流れる湯川で足湯をしただけでも、「西の河原公園で入浴してきました!」になってしま
う。
もっと極端な例を挙げると、草津の湯畑で手を伸ばし、熱い源泉に触れる事が出来れば、「草津
湯畑に入浴しました!」って事になってしまう。
普通の人が聞いたら、湯畑や西の河原公園で全裸になり、無理矢理入ったのかと想像するでしょう。
いくらなんでもそれはオカシイ!
ただ、構造上肩まで浸かれない温泉に関しては、カウントします。滅多にしませんが、アビルマンも
カウントします。まぁ、公式ルールがある物ではないですし、好きなようにカウントしています。(笑)

最後に、アヒル隊長の 入湯数ですが、 隊長が紅鮭もしくはJakeと一緒に入った施設が カウント対象
です。隊長はどこでも突撃しますので、手湯や激熱の源泉湯溜まりにも入ります。でも、隊長は独り
ぼっちで入るよりも、誰かと一緒に楽しく入浴するのが好きなのです。
(実際のところ、用水路や飲泉所ポチャっと浸けてカウントしても味気ないし、それを始めると際限ない
し・・・)


最後に
私にとって温泉とは、週末にドライブする為の口実であり、純粋に疲れを癒し楽しむ物です。
ですので、無理な計画で強行入浴をしてみたり、数をこなす為にカラスの行水でアチコチ入って
みたりという事は極力行いません。
勿論、色んな所に行って見たいという野望(?)はありますので、一日に数箇所温泉巡りをする
事があるかも知れません。しかし、基本的には、気持ち良い温泉に は、じっくり入る。良かった
所には、
何度でも行く。という、自然体 で湯巡りを 楽しみたいと思っています。

(と、思いつつ、最近は温泉に入る為のドライブです し、お風呂に入り過ぎて疲れる事もあります。
遠征すると、一日に沢山入る事の方が殆どです。バイキングみたいな物で、目の前に入りたい
温泉があると、どうしてもつまみ食いしたくなるのです。
まぁ、趣向は変わると言う事で・・・
上記文章は自戒の念も含めて、あえて削除せずそのままにしておきます)



あと、個人的備忘録のようなレポートを公開している理由ですが・・・
私が温泉に入り始めた時、何よりも参考になったのは、雑誌でもテレビの温泉番組でもなく、
個人のHPでレポートを書かれている方達の生の感想です。
温泉に限った事では無いですが、テレビや雑誌だと、スポンサーやら広告料の都合で、良い
物が紹介されず、駄目なものでも良いと紹介されたりします。
施設と直接の利害関係の無い個人HPは、その点とても正直で、本当の事を書いていますね。
それらのレポートを参考にし、自分が行きたい温泉を決めている事が多々ありました。
私も自分自身で入浴し、正直な感想を書いて、誰かの参考になれればと思ったのです。

(余談ですが、私の住む町がアド街に出た事あります。その時の裏事情を知っているのですが、
テレビ局はロクな下調べしないですね。彼らがやっている仕事は取材の申し込みだけで、ランキ
ングは大人の事情で操作されています。事実、ベスト10に入った幾つかの店舗は、ランキングに
入る程のお店なのに何故か経営難に陥り、放送後数年で閉店しました。)


と、まぁ、色々と偉そうな事を書きましたが、まだまだ経験の浅い素人です。
気取らず気張らず、マイペースに温泉を楽しつつHPを更新していきたいと思っています。



当HP運営に関するポリシー的な事は、Blogでも書いていますので、お暇ならば御一読ください。

温泉カウントについて
http://jake.cc/cgi-bin/blog/blog.cgi/52&mode=disp&category=00

営利目的サイト嫌い
http://jake.cc/cgi-bin/blog/blog.cgi/50&mode=disp&category=00

1000湯達成♪
http://jake.cc/cgi-bin/blog/blog.cgi/51&mode=disp&category=00

数泉のススメ
http://jake.cc/cgi-bin/blog/blog.cgi/49&mode=disp&category=00

私が一番好きな温泉・・・?
http://jake.cc/cgi-bin/blog/blog.cgi/45&mode=disp&category=00

温泉は逃げる!?
http://jake.cc/cgi-bin/blog/blog.cgi/13&mode=disp&category=00