共同浴場 竹の湯(湯 宿温泉)
★★★ 3.5

最終入湯日 : 2007-7/15
訪れた回数 : 2回

場 所
群馬県利根郡みなかみ町湯宿温泉
電 話 無し
風 呂の種類
男女別内湯
料 金
100円
営 業時間
不定期(鍵が開いていれば入れ る





飲 泉
循 環
塩 素
加 温
加 水





 
ナトリウム・カルシウム硫酸塩 泉




湯宿温泉に4箇所ある共同浴場のひとつです。
湯宿温泉街の一番外れにあり、湯屋建築が目を引くとても分かりやすい建物です。
この共同浴場も、「小瀧の湯」「松の湯」と同じく、観光客でも利用出来るのですが
施錠されている事が多くなかなか入れない所です。
私が訪れた際も鍵がかかっていて入れなかったのですが、タイミング良く地元の方が
中から出てきたので入れて頂くことが出来ました。
その地元の方曰く、タダ風呂する人が多くて困るのだそうです。脱衣所に料金箱が
ありますので、利用する際はちゃんと100円入れて入りましょう。
こんな事、基本中の基本なのですが、それすら守れない人がいるなんて呆れてしま
いますね。

中は簡単な脱衣所と浴室があるだけの非常に シンプルなものです。
浴室内には湯船が一つ。私と、同行した湯巡り仲間、ちょうど4人入る事が
出来る大きさでした。見知らぬ人同士で4人一緒に入るのはかなり居心地が
悪そうです。
お湯は無色透明の芒硝泉で、恐らく源泉は他にある共同浴場3箇所のものと
同じと思われます。肌がビリビリする浴感がなかなか気持ち良いです。
どうやら男湯と女湯で浴槽同士は繋がっているらしく、男性陣が一斉に
お湯から出たら女湯の湯面が下がったそうです。ただ、松の湯とは違い、
ちゃんと目隠しがされていてお互いが見えないようになっていますのでご安心を。

今回、私は運が良く入る事が出来ましたが、いつ行っても入れるとは限らない
共同浴場です。マナーの悪い観光客が増えれば、いつかは地元民専用になって
しまう事でしょう。
最低限のマナー、「ちゃんとお金を払う」「綺麗に使う」などを心がけて利用しましょう。