仁田屋 (猿ヶ 京温泉
★★★ 3.5
http://www.kannet.ne.jp/nitaya/
最終入湯日 : 2007-1/7
訪れた回数 : 1回

場 所
群馬県利根郡みなかみ町猿ヶ京温泉1143
電 話 0278-66-0114
風 呂の種類
男女別内湯 ・ 露天風呂
料 金
600円
営 業時間
8:00 - 22:00





飲 泉
循 環
塩 素
加 温
加 水





 
カルシウム・ナトリウム-硫酸 塩・塩化物温泉
(村有1号泉) 59.7度 / ph7.6 / H15.3.18
Na+ = 215 / K+ = 19.1 / Ca++ = 230 / Cl- = 245
SO4-- = 654 / HCO3- = 70.2 / H2SiO3 = 82.8
HBO3 = 26 / 成分総計 = 1550mg






猿ヶ京温泉の一角にある旅館です。通りがかりにどこか立ち寄ろうと思い、温泉街を車で
ウロウロしていたところ、「日帰り入浴可」と書かれた看板があったので、何の下知識も無い
ままフラリと寄ってみました。

内部はなかなか落ち着けそうな感じのする旅 館で、結構綺麗に整頓されています。
お風呂は当然男女別に別れており、それぞれ内湯と露天風呂がありました。
まずは内湯。寒い季節柄、室内は湯気でモウモウとしており、ミストサウナの中にいるような
感じがします。
洗い場が数人分と、3人程度入れる小さな湯船がひとつありました。
無色透明のお湯が張られており、ジャグジーされています。
ごく僅かに芒硝臭と石膏臭が香るもので、想像したよりも良いお湯です。
湯口からは熱い源泉が注がれており、温泉成分が析出して白くガチガチに固まっていました。
ただ、少し残念だったのが
ジャグジーで、せっかく浴感がありとても良いお湯なのですが、
あまり落ち着けませんでした。


写真は仁田 屋さんからご提供頂き
ました。ありがとうございます!
続いて露天風呂。内湯からそのまま外に出る ことが出来ます。
建物の一部と言う感じの場所で、しっかりと屋根がついており、ついでに
目隠しもあるので眺望はありません。
ただ、外は猛吹雪。守られていると考えれば悪くは無いのかな?
植え込みの竹が風に煽られ激しくしなっていました。

こちらにも内湯と同じ、無色透明のお湯が張られています。
4〜5人入れそうな縦長の湯船で、幸いな事にジャグジーはされていません。
ゆっくり落ち着いて入る事が出来るのは嬉しいですが・・・ チト温い。
手持ちの温度計で測ると38度しかありません。
湯口からお湯が注がれているのですが、たまに熱いのが出たり、温いのが
出たりで、どうやら定期的に加熱をしている様子です。
それ以外にも、浴槽内にパイプ穴があり、どうも内湯と繋がっているようで、
適温のお湯が少しずつ注がれています。
そんな訳で、鮮度も良くはありません。
暫くお湯に浸かっていましたが、寒くなってきたので内湯に引き上げました。

うーん、源泉の素性が良いだけに、使い方がなぁ〜・・・
露天側がジャグジーになっていればだいぶ違ったのですが・・・
紅鮭曰く、女湯は内湯も露天もジャグジーになっておらず、鮮度も良かったのだとか。
羨ましいです。 (ってか、なんか口惜しい・・・)
男湯に関してはあと一歩って感じが否めません。
私にとっては何だかとっても歯がゆい印象の一湯でした。