金龍園 (老 神 温泉)
★★★★ 4.0
http://www.kinryuen.com/
最終入湯日 : 2009-7/5
訪れた回数 : 1回

場 所
群馬県沼田市利根町老神592
電 話 0278-56-3021
風 呂の種類
混浴内湯&露天 ・ 女性専用内湯
料 金
平日 550円 / 休日・休前日 1050円
営 業時間
平日・休日 12:00 - 20:00
休前日 12:00 - 14:00






飲 泉
循 環
塩 素
加 温
加 水





 
アルカリ性単純硫黄温泉
(7号泉)  59.1度 / ph8.5 / H16.11.1
Na+ = 132 / K+ = 3.03 / Mg++ = 0.4 / Ca++ = 23
Cl- = 100 / F- = 6.7 / SO4-- = 144 / HCO3- = 28.7
CO3-- = 11.4 / HS- = 3.2 / H2SiO3 = 63
HBO2 = 5.2 / 成分総計 = 520mg









老神温泉の温泉街外れにあるお宿です。気に なるお宿で、前回老神に
訪れた際に立ち寄る予定でしたが、体力が続かずに寄らずに帰ってし
まいました。今回やっと来る事が出来た次第です。
中規模と言う感じのお宿ですが、お宿の中に入ると振袖の着物がお出
迎えしてくれました。うーん、綺麗。着物が好きな紅鮭が魅入っていま
した。

さて、お風呂。玄関から階段を上がった2階 にあります。混浴の内湯と
露天があり、それとは別に、女性用の内湯があります。
貸切露天もありますが、こちらは宿泊者専用と思われます。
混浴内湯の脱衣所には、女性用に湯浴み着が置かれていました。
こう言う気配りは良いですね。
でも、先客が数名いたので、紅鮭は混浴に入らず、女性専用内湯に
向かいましたが・・・

さて、その混浴浴場、まずは内湯。タイル張りの浴室で、洗い場と湯船が
あります。
湯船は手前と奥の2つに分かれており、手前側に湯口がありました。
熱い源泉が湯花キャッチャーに注がれています。

早速入ろうと、手前側の湯船のお湯を桶で汲みだしてみたところ・・・
うわぁ、アッチい! なんと50度近くあります。こりゃあ入れない。
諦めて奥の湯船へ。こちらは45度くらいで、少し熱めですが、入れます。
手前の湯船は温度調整用なのかな・・・?
湯口から遠ざかってしまったので、少し残念な気もしますが、これはこ
れで、気持ちが良いです。ほんの僅かに硫黄臭、ツルツル感ありの、じん
わりと温まる良いお湯です。湯花キャッチャーのせいか、浴槽内に湯花は
確認できません。無色透明でクリアなお湯です。

先客は露天におり、内湯は独占状態。温度が熱いせいか、利用者が少ない
様子で、お湯の劣化が無くて鮮度抜群です。
出たり入ったりしながら、じっくりとお湯を堪能出来ました。

 


続いて露天。岩で組まれており、内湯から見て左右に分かれています。
左側が適温と思われ・・・ ただ、若者が数名、独占状態でワイワイ入っていた
ので、右側に入りました。
源泉は内湯と同じで、大きな違いは感じません。
ただ、こちらは湯花キャッチャーが無いせいか、白い湯花が浮遊しています。
外気に晒されているせいか、鮮度がやや劣りますが、湯花のお陰でお湯が心
なしか濃く感じ、悪くは無かったです。

この日の湯巡りはここで最後と決めて、紅鮭が洗髪するために長めの時間を
予定していたので、ゆっくり入る事が出来ました。

いやぁ、良いお湯だった!

帰り際、お礼を言って宿を出ようとすると、玄関先でご主人に呼び止められました。
何でも、形が悪くて出荷出来ないキャベツと大根が余っているから、好きなだけ
持っていけと言うのです。
シマッタ、来る途中に中之条のスーパーで両方買っちゃったんだよなぁ。
でも、折角の御好意だし、1個ずつとお願いすると、「もっと持っていけない?」
と仰います。何だか、大量に余っていて、貰ってくれないと駄目になっちゃうのだ
そうです。「友達とかに配っちゃってよ!」と、ご主人。

結局、実家にもあげようと思い、キャベツ3玉、大根2本を頂きました。
その後食卓に毎晩キャベツと大根が並んだのは言うまでも無く。

キャベツだけでも50玉くらい余っていたんだけど、ご主人、全部配れただ
ろうか・・・?
今考えれば、もっとちょっと頂いておけば良かったかも知れません。
その後、無事に全部捌けたのか、ちょっと気掛かりです。

気持ちいいお湯、優しいご主人、そして嬉しいお土産。
思い出に残る素敵な一湯でした。
やっぱ、老神は良い所です。どの旅館に行っても、良い印象しか残りません。
私のHPをご覧のみなさん、是非とも老神に行ってね!ホントに良い所だから〜!