松屋ホテル(万 座温泉)
★★★★ 4.0
http://www.manzaonsen.gr.jp/matuyahotel/
最終入湯日 : 2006-4/23
訪れた回数 : 1回

場 所
群馬県吾妻郡嬬恋村万座温泉
電 話 0279-97-3151
風 呂の種類
男女別内湯
料 金
700円
営 業時間
要確認





飲 泉
循 環
塩 素
加 温
加 水





 
酸性-含硫・マグネシウム・ナ トリウム-硫酸塩温泉
(源泉名:万座温泉) 76度 / ph2.5
Na+ = 122 / K+ = 17.3 / Mg++ = 106 / Ca++ = 35.1
Fe++ = 1.65 / Al+ = 5.5 / Cl- = 128 / So4-- = 792
HSO4- = 8.58 / H2SiO3 = 117 / H2S = 41.8
蒸発残留物 = 1397.35mg






2006年 4月 20日、冬季閉鎖で通行出来なかった国道292号線の草津志賀ルートが遂に
開通しました。これでやっと気軽に万座へ行ける、と言う事で、早速行って来ました。
2006年初の万座温泉。折角だからまだ入った事が無い所に行こうと、選んだのがこの
松屋ホテルです。以前訪れた事のある湯の花旅館の隣にあるロッジのような宿で、中に
入るとオバアチャンがお出迎えしてくれました。

早速入浴をお願いしたところ、今日はお客さんが少なく、貸切で入りたいと言うカップルが来た
ので、女湯に案内してしまったそうな。男湯は別の男性が入浴中との事。
私だけなら問題無かったのですが、紅鮭もいたので、とりあえず待たせて頂く事に。
お茶菓子まで頂き、のんびり待つこと30分。男湯、女湯、共に空く気配がありません。
長いなぁと思いつつ1時間経過。一向に出てこなく、次の予定があってこれ以上待てないので、
せめて私だけ男湯に入れて頂こうと思ったところ、丁度男湯の男性が出て来られました。
お宿のご厚意で、紅鮭と一緒に男湯に入れて頂く事に。
ちなみに、ほぼ同じタイミングで1時間以上もの間女湯を貸切していたカップルのオジサンも
出てきました。
私と紅鮭が待っていた事を知り、慌てて入浴中のツレを呼びに浴室に戻ったけど・・・
今更遅いよ。
なんつーか、良い歳なんだから、常識わきまえて欲しいね。自分からお願いして貸し切らせて
貰っているなら、せめて30分程度で出て来いっての。元々貸切風呂じゃないんだから、ちょっと
頭を使えば、女性客が来た時に迷惑する事くらい分かるでしょうが。

さて、気を取り直し、お風呂。内湯のみで、 数人分の洗い場と浴槽が
一つあるだけの、とてもシンプルな造りをしています。
なかなか風情ある木の浴槽には、いかにも万座と言った感じがする、
白濁のお湯が張られていました。
うーん、なかなか気持ちが良いです。肌触りはサラサラするもので、
ほんのり香る硫黄臭が実に心地良いです。
ただ、期待した程硫黄臭が強くないのが少し拍子抜け。
湯口からは素手で触るには熱すぎるお湯が注がれています。
試しに口に含んでみたところ、これまた万座って感じがする酸味と
硫黄味を感じました。
少しだけ残念だったのは、源泉温度が高い為、常時ホースで加水
されている事でしょうか。
まぁ、これは仕方がありませんが・・・

本当だったらゆっくりしていたかったのですが、そうもしていられず、10分程度のカラスの行水で
引き上げました。待ち時間1時間以上、入浴10分。もうちょっとゆっくり入りたかった。
お茶菓子まで貰っておいてなんだけど、これで700円は損した気分です。
貸し切りでの入浴を許可しちゃった宿も宿ですので、先客のカップルばかりが悪いわけではあり
ませんが・・・
貸し切りではない風呂を所を貸し切って利用する際は、あまり長時間居座らないようにしましょう。
・・・って、そんな事、考えなくっても分かる事だと思いますがね。(怒)