豊国館(万 座温 泉)
★★★★★
5.0
http://manzaonsen.gr.jp/houkokukan/
最終入湯日 : 2007-4/22
訪れた回数 : 2回

場 所
群馬県吾妻郡嬬恋村万座温泉
泉 質
酸性含硫黄-ナトリウム・硫酸塩・塩化物泉
風 呂の種類
男女別内湯・女性用露天・混浴露天
電 話
0279-97-2525
料 金
日帰り:500円 / 宿泊 3675円(自炊湯治) 〜
営 業時間
8:00 - 20:00











源 泉
鮮 度
個 性
風 情
鄙 び
環 境
飲 泉
循 環
塩 素
加 温
加 水











酸 性・含硫黄-ナトリウム・硫酸塩温泉
(豊国館苦湯)  74.6度 / ph2.4 / H14.6.25
Na+ = 105 / K+ = 45.5 / Mg+ = 44.4 / Ca++ = 41.1
Fe++ = 6.17 / Mn++ = 4.05 / Al+++ = 13.7 / H+ = 9.12
Cl- = 151 / SO4-- = 784 / H2SiO3 = 155 / HBO2 = 14.9
H2SO4 = 1.68 / H2S = 120 / 成分総計 = 1630mg






私の大好きな温泉、万座温泉にある旅館です。
万座ハイウェイに一番近い所にある結構年季の入った古いお宿で、素泊まり湯治も受け付けて
います。素泊まりだと、ナント、一泊3675円(税込み・夏季限定)で宿泊出来ます!
湯巡りをはじめて1年半、何でもっと早く来なかったのか悔やまれます。
しかし、この値段で万座のお湯を楽しめると思うと、嬉しくてなりません。

さて、建物内部ですが、良くも悪くも山小屋風の風情です。付き合いはじめたばかりのカップル
なんかが泊まろうものなら、イキナリふられてしまいそうですね。
でも、この雰囲気が好きな人には堪らないと思います。ボロ素晴らしいとでも言うべきか・・・
ヘタに高級な旅館だと、かえって緊張してしまい、全然寛げない私にとっては、まさにうってつけ
のお宿です。

さて、肝心のお風呂ですが、男女別内湯と、 女性用露天、混浴露天があります。
まずは内湯ですが、木造の湯治場らしい鄙びた造りをしたもので、45度近くと
かなり熱めです。
お湯はいかにも万座と言った感じの、真っ白な硫黄泉。ただ、思ったほどに
硫黄臭はきつくなく、少し残念。でも、肌触りは非常に良く、何よりとても新鮮な
感じで、結構気に入ってしまいました。
湯口から流れ落ちるお湯は、素手で触ると火傷しそうな程に熱いお湯ですので、
要注意です。

次に、混浴露天風呂ですが、プールのように 広々としています。
こちらには温めのお湯が張られており、およそ40度くらい。熱くないのでゆっくり
出来ます。
お湯が劣化しているせいもあり、内湯より白濁の度合いが強く、硫黄臭も控えめです。
とても深い浴槽で、湯底にお尻をつけると溺れてしまいます。泳ごうと思えば
泳げる浴槽ですね。
万座プリンスや聚楽には及ばないものの、なかなか開放感がある露天風呂で、
立つと遠くに空吹きを見ることが出来ます。
私が宿泊した日は、ほぼ満月と言って差し支えないほどの月夜で、中秋の名月を
楽しみながらゆっくりと入浴する事が出来ました。

お湯良し、金額良し、風情良し(好みの問題はありますが・・・) という、3拍子揃った
牛丼みたいな旅館です。
今後、万座に宿泊する際は、常宿になりそうな予感がします。



2007年 4月 22  再訪 − 日帰り

なんと、建物が真っ暗で、広々とした駐車場には車が数台停まっているだけ。
玄関には休館中と書かれた札があり、「入浴だけやっています」とあります。
まさか・・・ 日帰りのみの施設になってしまったのか!? 下手すりゃこのまま廃業!?
恐る恐る中に入ってみたところ、ご主人が自ら金槌持って玄関の手入れをしていました。
どうやら、スキー客がいなくなったので、館内改装するために面倒臭いから宿泊は断って
いるのだそうな。
って、なんて酷い理由だ・・・ 良いのかそれで?(笑)
でも、豊国館はこの先も今まで通りの様子で、少しほっとしました。

で、お湯。利用者が少ないせいかス ゲー・・・!
熱いです。濃いです。なんか、内湯も露天も手首がすっぽり入ってしまう
程の大量湯華がドロドロに沈殿しています。
喜んでかき混ぜたいところですが、尋常ならぬ量でかえって汚れてしまうの
ではないかと思うと出来ませんでした。
湯底の湯華を掬って、体に塗りたくり、泥湯パックが出来てしまうのです。
硫黄臭も力強く、とてもすんばらしかったです!

利用者が多いとなかなかココまで良いお湯にめぐり合えないと思われ、とても
ラッキーでした。
手入れが終わり再び宿泊出来るようになるのが楽しみです。
また宿泊したいと思いました。