ふれあい館 (倉 渕相間川温泉
★★★★ 4.0
http://www12.ocn.ne.jp/~aimagawa/
最終入湯日 : 2007-5/27
訪れた回数 : 1回

場 所
群馬県高崎市倉渕町水沼27
電 話 027-378-3834
風 呂の種類
男女別内湯 ・ 露天風呂
料 金
500円
営 業時間
10:30 - 21:00





飲 泉
循 環
塩 素
加 温
加 水




 
ナトリウム・カルシウム-塩化 物強塩泉
(せせらぎの湯)
66.3度 / ph6.68 / H11.8.19
Na+ = 5731 / K+ = 342.8 / Mg++ = 433.2 / Ca++ = 1967
Fe++ = 12.5 / Mn++ = 2.2 / Cl- = 13850 / HCO3- = 127.5
Br- = 44.8 / I- = 10.5 / H2SiO3 = 80.8 / HBO2 = 273.9
CO2 = 63.8 / 成分総計 = 22940mg






直前に立ち寄った「せせらぎの湯」のほど近くにある入浴施設です。
せせらぎの湯と同じく、なかなか立派で綺麗な施設です。



入り口の前にバス停があり、「市内循環バ ス」と書かれていました。
勿論、これはバスが市内をグルグル循環するように走っていると言う
意味で、温泉とは全く関係の無い話なのですが、「市内循環Bath」
だったら楽しいなと、勝手に想像してひとりニヤニヤしてしまいました。
町内で使用される家々ごとのお風呂のお湯が集中管理で循環利用
されるのです。
自然環境には良さそうな響きですが、そんなお風呂、入りたくない
ですよね・・・?

内部はとても綺麗で手入れの行き届いた感じ です。
入ってすぐの所に食堂がありました。天井が高く、明るくて開放的な
造りをしています。
浴後、コーヒーと軽食を片手に、読書なんてすると、ちょっと贅沢な午後を
過ごす事ができそうです。
桶を片手に血眼になって湯巡りする私にとっては、縁遠い話ですけれども・・・



 

さて、お風呂。男女別で、それぞれに内湯と 露天がありました。
まずは内湯。入って右手側に洗い場が並んでおり、正面に湯船が
ひとつあります。
こちらも手入れがされているのですが、張られているお湯の色の
せいか、少しレトロで鄙びたような印象を受けるものでした。
お湯は薄っすらと緑色がかった土色のものです。少し熱めの適温で、
湯口から源泉がザブザブと注がれています。

基本的には直前に入ったせせらぎの湯と同じ源泉なのですが、浴槽が
狭いせいもあってか、こちらの方が段違いに鮮度が良いです。
お湯からは金気臭と潮臭、土類臭のようなものが混じる特徴的なもの
で、肌触りはシットリします。
口に含むと金気味とほんのり塩味を感じました。
温度調節の為に加水をしているそうですが、悪くありません。
体の芯からしっかりと暖まり、あまり長時間入っていないにも関わらず
ヘロヘロになってしまいました。

続いて露天風呂。内湯からそのまま出ること が出来ます。
岩風呂になっており、休憩できる丘の上にはベンチが置かれていました。
お湯は内湯と同じ源泉が張られており、黄土色に濁っています。
光の加減か、こちらの方は赤味がかって見えるものでした。
浴槽自体の大きさが広いせいと、外気の影響か、鮮度は内湯の方が
良い印象です。
茶色い湯花がフワフワと舞っており、かき混ぜると底に沈殿していたものが
舞い上がり光に当たってキラキラ光る様はとても美しいです。
露天が好きな人には悪くない造りをしていると思いました。



ふれあい館とせせらぎの湯、単純にお湯だけで比較をした場合、私はこの
ふれあい館が気に入りました。
一度は訪れても損のしない一湯です。