下の湯(西 山温泉)
★★★★
4.5

最終入湯日 : 2005-11/5
訪れた回数 : 2回

場 所
河沼郡柳津町西山温泉
泉 質
塩化物泉
風 呂の種類
内湯
電 話
0241-43-2021
料 金
400円
営 業時間
要問い合わせ











源 泉
鮮 度
個 性
風 情
鄙 び
環 境
飲 泉
循 環
塩 素
加 温
加 水











一 言コメント

いつまでも守り続けて欲しい、とても素敵な一湯でした。






西山温泉の一角にある「下の湯」です。
つり橋の手前に看板があり、端を渡った先にあります。
ただ、見た目は完全に民家と言って良い造りで、個人宅の表札が出ているだけ。
聞けば、以前は湯治宿として宿泊客も受け入れていたみたいですが、今では日帰り入浴
だけしかしていないんだそうです。
今回は、以前にもココを訪れているという方に同行して頂けたので、迷うこと無くたどり着く事が
出来ましたが、私一人だけだったら恐らく分からなかった事でしょう・・・

中に入ると、お爺ちゃんとお婆ちゃんが居間でお茶を飲んでいました。
「入浴させて頂けますか?」と、聞くと、「ここ2ヶ月でお湯の温度が急激に下がっちゃって・・・」
と仰る。「それでも是非!」とお願いすると、「良いよ」と、受け入れてくれました。
浴槽は一箇所だけで、男女に分かれていません。とりあえず、最初に女性陣、次に男性陣と
いう事で、2度に分けて入浴をさせて頂きました。
女性陣が出てくるまでの間、お婆ちゃんにお茶を入れて貰いながら、色々とお話を伺う事が
出来たのですが、この下の湯に限らず、西山温泉全体でお湯の温度が下がってしまっている
みたいです。温泉玉子が出来なくなってしまったと嘆いておられました。

さて、女性陣が出てきたので、入れ替わりで 入らせて頂く。
とても鄙びた浴場で、浴室内には湯船が隣り合って2箇所あります。
入って右手側が源泉湯口のある熱めのお湯で、左側は右側の
オーバーフローを貰う温めの浴槽です。
一緒に入った方曰く、以前の右手側は激熱で、入れたものでは
無かったそうな・・・
ただ、今回私たちが訪れた際は、お婆ちゃんが言うとおり、かなり
温くなっていました。
右手側の浴槽で40度程度、左手側は、恐らく32度前後だと思われます。
ぬる湯好きな私としては気持ちが良い温度ですが、これではなかなか
体が暖まりませんね。
これから冬になると言うのに、一体どうするのだろうかと、少し心配に
なってしまいます。

肝心のお湯はというと、かなりツルツルする感触で、実に気持ちが良いお湯です。
臭いはわずかな硫黄臭と、磯の香りにも似た、塩と鉄の臭いがします。
無色透明で、所々黒い湯花が舞っていました。
湯口には飲泉用のコップが置かれており、試しに飲んでみたところ、昆布茶のような味で、
実に美味しかったです。
まるでお吸い物を飲んでいるような気がしてきます。こんなものが地中から沸いているの
だから、不思議で仕方がありませんね。


お湯の良さ、鄙び度合い、どれをとってもなかなかの一湯です。
聞けば、後継者がいないそうで・・・
うーん。是非とも、素晴らしいお湯を後々まで伝えるべく、頑張って欲しいと願うばかりです。



2006年 11月 5日  再訪

昨年訪れている下の湯、再訪して参りました。
相変わらずの風情で素晴らしいです!
でも、浴室入ってビックリ! なんと、微妙にリフォームしているではありませんか!
とはいえ、良い風情はそのままなので、ガッカリするような事は一切無いですけどね。
前回来た時はお湯が温かったですが、あれから暫くしてお湯がまた温かく戻ったそうで、
入って左側の浴槽は熱すぎて入る事が出来ないくらいになっていました。
お爺ちゃんとお婆ちゃんもお元気で、またしてもお茶を頂戴してしまいました。
噂によると、後継者が見つかったのだとか!?
素晴らしいお湯と風情のお宿、存続してくれるのであれば、これほど嬉しい話はありません。
今後の下の湯に更なる期待です!


↑素敵な風情のお宿です

↑リニューアルされた浴室

↑前回はこんな感じでした