割烹旅館 みよし (いわき湯本温泉)
★★★★ 4.5
http://iwakiyumoto.naf.co.jp/miyoshi/
最終入湯日 : 2010-1/9
訪れた回数 : 2回

場 所
福島県いわき市常磐湯本町吹谷80
電 話 0246-42-3485
風 呂の種類
男女別内湯 ・ 露天
料 金
1泊 2食付きで、8400円【平日)から
営 業時間
日帰り不可





飲 泉
循 環
塩 素
加 温
加 水





 
含硫黄-ナトリウム-塩化物・ 硫酸塩温泉
(常磐湯本温泉 湯元温泉源泉)
59度 / ph8.1 / H12.11.29
Na+ = 523 / K+ = 16.2 / Ca++ = 59.8 / Sr++ = 0.8
Cl- = 556.6 / F- = 5.3 / Br- = 2.1 / HS- = 9.5
SO4-- = 390.3 / HCO3- = 106.9 / CO3-- = 6
HPO4-- = 1.9 / H2SiO3 = 45 / HBO2 = 15.2
H2S = 0.8 / 成分総計 = 1743mg






友人が何度か訪れており、お湯使いが非常によくてご主人の人柄もとても良いと評判のお宿、
みよしさん。以前からずっと気になっていましたが、いわき湯本に行く機会が訪れず、なかなか
訪問出来ずにおりました。
そんな折、友人とのゆめぐりツアー「ゆめぐらんす」で、このお宿に宿泊する事が決定しました。
私は、そのツアーのツアコン(案内人)役を任される事となり、下見ついでに、ご挨拶へ行くことに・・・
当初は入浴する予定は無く、ご挨拶だけ済ませて帰ろうと思ったのですが、なんとご主人、私達が
来ると言う事で、お湯を用意して待っていてくれたのです。
嬉しいやら申し訳ないやら・・・
折角のご厚意を無にするのも申し訳無いので、入浴させて頂きました。
なお、今回は宿泊予定者と言う事で入れて頂く事が出来ましたが、通常は立ち寄り入浴を受け付け
ていないそうです。





さて、お風呂。2箇所あり、男女別に入れ替 えて利用されているようです。
今回私が利用したのは、広い方。こちらには内湯と露天があります。
まずは内湯。脱衣所から入って、左右に湯船が1つずつあります。右側が四角形
の小さなタイル湯船で、左側は岩風呂風の大きめの湯船。
最初に入ったのは左側。ほぼ適温のお湯で、43度くらいでしょうか。僅かに青灰
色に濁っています。
肌触りはシットリペタペタ系で、硫黄臭と、潮臭、それに僅かな金気臭も混じって
います。いわき湯本では、源泉が集中管理されているため、基本的に共同浴場
もお宿も、どこへ行っても同じ源泉が引かれています。なので、この源泉に浸かる
のは、初めてでは無いのですが・・・ 不思議な事に、以前来た時のお湯の印象が
全く蘇りません。良い意味で、別の源泉に浸かっているような違和感を感じます。
話によると、このみよしさんでは、水を一滴も足さずに掛け流しにされているそう
です。だから印象が全然違うのかな。
それにしても、こんなに濃かったかな・・・?

次に入ったのは、左側の四角湯船。こちらはかなり温めに調整されており、40度
程度です。熱湯の印象が強いいわき湯本で、こんなに温いお湯に浸かれるとは、
思っていませんでした。
こちらも水は足しておらず、源泉の投入量だけで温度調整がされています。
グターっとなって、ずっと入っている事の出来る、これはこれで気持ちが良い温度。
ただ、源泉の投入量が絞られているせいもあり、単純比較をすると、鮮度も劣る
印象があります。
ただ、これはこれで、なかなか貴重です。熱いのが苦手な人には有難く感じるの
ではないでしょうか。

露天風呂は、内湯に続いていて、そのまま外 に出ることが出来ます。
すぐ隣にお宿があると言う立地条件から、塀と屋根に囲まれていて開放感には
乏しいです。
でも、岩風呂で観葉植物が置かれていて、まずまずな雰囲気。やっぱり無いよ
りはあった方が有難がられるのかな?
お湯は42度程の適温です。こちらも同じく源泉だけで温度調整がされた掛け流し。
他と印象は異なりませんが、良いお湯です。心なしか、ここのお湯が一番濃く感
じたのですが、なんでだろう?

私が入っているすぐ横で、この日初めていわき湯本のお湯に浸かった友人が、一生懸命お湯を
観察しながら、「いわき湯本のお湯ってこういうお湯なのですね!」とか言っています。
あ、いや、こんなお湯じゃ無かった筈なんだけどな。(←良い意味で)
ココを基準にしてしまうと、さはこの湯とか、他所で湯めぐりすると落胆の連続になってしまうの
では無いかと・・・ 要らぬ心配をしてしまいました。



2010年 1月 9日 − 再訪&宿泊

友人たちと一緒に宿泊しました。
良いお湯は前回訪問時に確認済みでしたが、今回は評判が良いあんこう鍋を堪能する事が
出来ました。
私は、評論する程にあんこう鍋に詳しく無いのですが・・・ とにかく具沢山!
巨大なアンキモが鍋に投入され、まるで味噌汁のような濃厚スープが仕上がっています。
コラーゲンがたっぷりと思われる、プリプリの身も、これでもかと入っています。
鍋以外の食材も充実! 一品一品が美味しいうえに、量も半端無い!
いやぁ・・・ このお宿、お湯だけでは無いですね!
あまりにも沢山食べ過ぎて、最後のシメに頂いたあんこうのエキスたっぷり入った雑炊、
美味しかったですが、正直お腹がちょっと辛かったです。

ここには今度は両親と一緒に来ようと思いました。


↑ 晩御飯。この後巨大なアンコウ鍋が
    出てきます


↑ 前回入る事が出来なかった、小浴室の湯船

↑ 朝ごはん。晩御飯が多かったので、これでも
    多すぎるくらいでした