正木温泉(正 木温泉)
★★★★
4.0

最終入湯日 : 2005-11/6
訪れた回数 : 1回

場 所
千葉県館山市正木3027
泉 質
含硫黄 - ナトリウム - 炭酸水素塩泉
源泉名:正木温泉 / 12.8度 / 1,900mg
風 呂の種類
男女別内湯 (ほとんど貸切で利用)
電 話
0470-27-4614
料 金
550円
営 業時間
お爺ちゃんの気分次第?











源 泉
鮮 度
個 性
風 情
鄙 び
環 境
飲 泉
循 環
塩 素
加 温
加 水

×




×




一 言コメント

お湯の鮮度は悪いけど、鄙びた風情は必見の価値あり!






正木温泉は、その名前の通り、千葉県館山市の正木にある温泉です。
とても鄙びているという噂を聞きつけ、行って参りました。
たどり着いた所は温泉施設というより、そのまま農家と言った感じのところです。
少し不安にはなりましたが、至るところに「正木温泉」「入浴500円」などの看板・・・というか、
張り紙のようなものがありました。
玄関先で暫く立ち尽くしていると、庭先からお婆ちゃん登場。「日帰り入浴出来ますか?」
と聞くと、「いいよ、いいよ。」と、快く受け入れてくれました。
「今は誰もいないから、入って、一番奥の浴室を使いなさいね。」との事です。


案内されるままに建物の中に入るとビックリ。
中身も農家のまんまで、角材やベニヤ板、ビニールシートなどで作られた、
手作り感が溢れる内装をしています。
失礼ながら、台風が来たら吹き飛んでしまいそうな感じです・・・^^;
浴室は幾つかあり、それぞれが貸切で利用するようになっていました。
中から鍵を掛ける事は出来ません。扉も建て付けが悪く、軽く持ち上げながら
引かないと途中で引っかかってしまいます。
なんと言うか、鄙びもここまで徹底すれば、一種の風情ですね。

浴室には湯船が一つ。保温の為に、お湯の上にはマットが置かれていました。
汲み置きのお湯らしく、入浴前には必ずシャワーを浴びてからお入り下さいとあります。
壁にある給湯のスイッチを入れてシャワーを浴び、いよいよ入浴。
なんだか、温泉に入っていると言うより、他人のウチでお風呂を借りているような気分です。

肝心なお湯はというと、透明度30センチ程 の黒湯です。
鉱泉ですので、勿論沸かしているのですが、かなり熱めに調整されていました。
恐らく45度前後はあると思われ、長湯は出来そうにありません。
臭いは、ごく僅かな甘めのモール臭。
重曹成分が多く含まれる黒湯らしい肌触りで、結構ぬめぬめします。
とても熱いので、入っていると足先がジンジン痺れてきました。
お湯のせいか、温度のせいかは知りませんが、何だかとても効きそうなお湯です。
おかげで、湯上りは体が火照ってなかなか汗が引きませんでした。

さて、帰り際、浴室前に掲示されている成分表などを眺めていたところ、こちらのご主人が
通りかかりました。
「良いお湯でした〜!」と、話しかけたところ、成分表のコピーをくれました。
興味がある人に配っているそうですね。
また、玄関先で、この正木温泉について、色々とお話を伺う事が出来ました。

お湯は、矢張りと言いますか、汲み置きだそうです。源泉が離れた所にあるので、週に
3〜4度、トラックで運んでいるそうな。
「新陳代謝が良い若い人が入ると、すぐに臭くなっちゃうんだよねー!」
とは、ご主人談。うーん、話が妙に生々しく、ちょっと想像したくないですね。 ^^;
聞けば、このご主人、農作業で使用する農薬中毒で、一時は半身不随になったそうです。
その時、半信半疑で毎日このお湯に入ったところ、僅か1ヶ月で完治したらしく、以来、多くの
人にこのお湯の恵みを享受して貰おうと、再三度外視で施設を造り、一般開放されている
そうです。
「実際、ウチは農家だからね。温泉で儲けているお金なんて、全然無いんだよ。」
「最初は本当に半信半疑だった。でも、治ってしまったから不思議だよ。」
「体が悪い人がいたら、ウチを紹介してあげてね。すっごく良く効くお湯だから。」
と仰っていました。
このお湯で助かる人がいるから続けている。なんて素晴らしい事でしょう・・・

ちょっと話が長いご主人で、帰るに帰れない状態にもなりかけましたが、色々と貴重なお話を
聞けて感謝です。
これからも、この素晴らしいお湯を、守り続けて欲しいと思いました。
でも、病気になってお世話になるのはちょっと嫌ですけどね・・・ (笑)