でわの 湯 湯の沢山荘(湯ノ沢温泉)
★★★★
4.5

最終入湯日 : 2005-5/2
訪れた回数 : 1回

場 所
青森県南津軽郡碇ヶ関村湯ノ沢
泉質
含土類石膏食塩泉
風呂の種類
男女別内湯 ・ 貸切家族風呂
電話
0172-45-2531
料金
入浴 : 大浴場 300円 / 貸切 1000円 (1時間)

  - 湯ノ沢温泉 -

碇ヶ関ICから国道7号線を南下。秋田との県境手前で脇道に
入り、5分程走った所にある山間の温泉地です。
現在は3軒の旅館がある。手前から、「湯ノ沢山荘」「なりや旅館」
「秋元温泉」。それぞれ特徴的で、非常に濃いお湯を楽しめる。
 




「でわの湯 湯の沢山荘」は、「湯ノ沢温泉郷」の一番手前にある施設です。
秋元温泉」の次に入浴しました。

まず、玄関を開けて中に入ると、ご主人と思われる方が出迎えてくれました。
日帰りで入浴だけしたいと告げると、とてもニコニコしながら、「どうぞどうぞ〜!」と、
嬉しそうに迎え入れてくれました。

このご主人、とても気さくな人で、色々と話をしてくれます。
しかし、東北訛りが非常に強く、私も彼女も、殆ど聞き取れません。
とりあえず、入浴料が2人で1000円というところまでは理解出来ました。
「アレ? 下調べでは1人300円かと思ったけど・・・?」
と、少し疑問に思いつつ、千円札をご主人に手渡す。

主人にここを利用するのは初めてだと伝えると、風呂場の方まで案内をしてくれました。
浴場へ向かう途中、ご主人は、
「熱いのは苦手? だったら、1番はよしたほうが良い。」
「2番はさっき人が入ってた。2番でも良いね?」
みたいな事を仰っている。しかし、私には何の話だかイマイチよく分からない。
「とりあえずお任せします。」
と言い、そのままご主人の後を付いていくと、ご主人は大浴場を通過してしまいました。
慌てて、「あれ?お風呂ココですよね?」と聞く私。「そこは大浴場だよー」とご主人。
一瞬、「???」となる。「あのぉ〜・・・、ドコに連れて行くつもりだったんですか!?」
しかし、暫くして、やっと状況に気がつきました。

どうやらご主人、貸切風呂に案内しようとしていたらしいです。1番とか2番というのは、貸切風呂の
番号だったみたいです。
「貸切でなくても良いです」「大浴場に入りたいのです」と伝えると、ご主人、相変わらずニコニコ
しながら、「あー、大浴場は1人300円だから600円。」「お釣り無いから、帰り際に払って。」
と言って、先ほど渡した千円札を返してくれました。
東北訛りが強く、何を言っているのか良く分からない事が多々あるご主人ですが、とても純朴で、
良い人らしい事は確かです。

さて、肝心のお風呂ですが、内湯のみで湯船が一つと、カランが数人分ある、広くも狭くも無い
浴室です。湯船には少し赤錆色がかった薄白濁のお湯が張られています。
お湯は44度で、少し熱め。僅かな硫黄臭と、土類の臭いがする、とても塩分が濃いお湯で、実際の
温度よりも熱く感じました。
飲んだ印象は、舌にピリピリ来るような強い塩分と、僅かな土&鉄味。若干の苦味もあります。
ここの前に入った「秋元温泉」程の個性は感じませんでしたが、とても濃くて良いお湯です。
特筆すべきは、析出物の多さ。恐らく板張りだったと思われる浴室の床には、温泉成分がビッシリと
こびり付き、まるで陶器のようになっています。
自然に造られたと思われる千枚田のような模様は、見ていて何となく心が安らぎます。

成分が非常に濃いうえ、熱めなお湯の為、湯船にはあまり長時間入っていられませんでしたが、
新潟から来られたという温泉好きのオジサンと一緒になり、暫く話し込んでしまいました。
聞けばこのオジサン、私と同じように、ゴールデンウィークに温泉めぐりをされているとの事です。
「昨日はどこに入った」「あそこのお湯は良かった」などと、二人で意気投合して話をしているうちに、
気がついたら結構な時間が過ぎてしまいました。

風呂上り、宿のご主人に2人分の入浴料600円をちゃんと支払い、宿を後にしたのですが、新潟の
オジサン、私ともっと話しをしたそうにしながら、玄関までお見送りしてくれました。
「おやすみなさい」「またどこかでご一緒出来れば良いですね」と言いながら、分かれる。

お湯の良さもさることながら、ご主人と言い、新潟のオジサンと言い、良い人と出会うことが出来、
心身ともに癒されました。