六戸温泉旅館 (六 戸 温泉)
★★★★ 4.0

最終入湯日 : 2009-7/19
訪れた回数 : 1回

場 所
青森県上北郡六戸町大字犬落瀬字押込93-4
電 話 0176-55-2126
風 呂の種類
男女別内湯
料 金
250円
営 業時間
8:00 - 22:00





飲 泉
循 環
塩 素
加 温
加 水





 
ナトリウム-塩化物泉
(六戸温泉2号源泉) 45.0度 / ph7.9 / 3579mg

単純温泉
(六戸温泉1号源泉) 33.8度 / ph7.3 / S47.12.11
Na+ = 116 / K+ = 4.63 / Mg++ = 0.78 / NH4+ = 0.21
Ca++ = 3.43 / Cl- = 133.38 / F- = 0.8 / SO4-- = 14.53
HCO3- = 85.31 / 成分総計 = 466.57mg






六戸温泉だそうです。友人の車に乗せて貰って来たので、イマイチ土地勘が沸きません。
と言うか、六戸だ八戸だ五戸だと、相変わらずどこに何があるのか、分かりづらいです。
と、まぁ、そんな感じでたどり着いた六戸温泉。
名前の通り、旅館なのだそうですが、何だかとっても公衆浴場って感じがします。
話によると、裏手に旅館があるのだとか。(と言うか、この公衆浴場が旅館の裏手って
事なのかな?)



 

お風呂は内湯のみです。実に銭湯チック。
結構広々とした浴室で、脱衣所から入ってすぐの正面に掛け湯用コーナーが
あり、その先に湯船、浴室中央にドーンと鎮座しています。
その湯船を中心に、洗い場が3方向から囲んでいました。
湯船は2つに仕切られており、手前はジャグジーの騒がしいお湯、奥は熱めの
湯船になっています。

ジャグジーがあまり好きじゃない私は、一直線に奥の湯船へ。
約46度ほどあり、熱めで入り応えあります。
お湯は基本的に無色透明。ただ、浴槽タイルの色と光の加減もあってか、ごく
僅かながら緑がかって見えます。
肌触りは少しツルツルを感じます。お湯からは潮臭にも似た温泉臭を僅かなが
ら感じます。
蛇口状の湯口からは、48度くらいの源泉がザブザブと注がれています。
口に含んでみたところ、ほんの僅かながら塩味を感じます。泉質は弱食塩泉。
熱めのお湯で、そのうえ食塩泉なので、短時間の入浴でも体がポカポカに温ま
り、汗が止まらなくなってしまいます。

この六戸温泉で、特筆したいのは、もうひと つある小さな湯船。
こちらは単純泉で、源泉温度が33.8度と低いので、水風呂代わりに使われて
います。
2人以上入るには窮屈な小さな湯船ですが、ここのお湯が実に良いのです!

こちらの湯口も蛇口状になっていますが、そこから過剰供給と言える程に、
ドヒャドヒャとお湯が注がれています。
勿論掛け流しで、体を湯船に沈めると、勿体ない勢いでお湯が湯船から溢れ、
洗い場を流れ去ります。

お湯は若干のキシキシ(ペタペタ?)する感触がある物ですが、ほんのり硫黄
臭と、ごく僅かながら、金気臭の崩れたような臭いを感じます。
メインのお湯が塩化物泉で、その上熱いので、ヘロヘロになってしまうのです
が、この水風呂で火照った体を覚ますと、体力が回復するのが分かります。
お陰で、熱い湯船とこの水風呂を行ったり来たり出来るのです。

陽気のいい時期だったので、尚更この水風呂は気持ちが良かったです。
これはには参ってしまいました!


 


今まで何度も訪れている青森ですが、その都度思う事は、どの温泉に入ってもレベル
が高いです。
この六戸温泉にしても然り。東京からここだけの為に足を運ぶかと言われたら、正直
微妙です。でも、もし自宅の近所にあったら、毎日通っちゃいますね!
満たされた気分でその場を後にする事が出来一湯でした。