新屋 温泉(新屋温泉)
★★★★
4.5

最終入湯日 : 2009-4/12
訪れた回数 : 3回

場 所
青森県南津軽郡平賀町大字新屋字平野
泉質
含硫黄-ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉
(硫化水素型)
風呂の種類
男女別内湯
電話
0172-44-8767
料金
入浴 : 300円

  - 新屋温泉 -

長閑な住宅街にある温泉銭湯です。
お湯は薄緑色をした透明の硫黄泉で、アブラ臭がする
心地よいもの。





各所で「日本一の温泉銭湯」と評される、青森県の新屋温泉です。
個人でやっている温泉紹介サイトを沢山見てきましたが、どこのサイトでも
「素晴らしい」の一点張りです。
そんなに良いお湯なら、是非とも入ってみたいものだと思い、ゴールデンウィークを利用
して入浴をして参りました。

前日宿泊した「古遠部温泉」から出発し、ナビを頼りに走ることおよそ 1時間。
着いたところは、温泉とは全く縁の無さそうな、長閑な住宅街の一角でした。
一瞬、「え?目的地ってココ? ナビに
間違った所に案内されていない!?」と、思い、
辺りを見回すと、
そこには「新屋温泉」と看板の出た、まるでパッとしない建物が一軒。
勿論、建物とお湯の良し悪しに関係はありませんが、正直なところ、
「本当にココが日本一なの?」と疑ってしまいました。
何はともあれ、来たからには入らずにいられない訳で、いざ、建物の中へ。

建物の中は、良くも悪くも温泉銭湯です。
待ち合わせ用のソファーと、テレビ、ジュース自販機、灰皿、トイレ、などなど、一通りの
ものが揃っています。
受付で300円を支払い、浴場へ向かいます。ここには内湯が一つあるだけ。
銭湯なので、露天風呂とかサウナとか、そういう類のものはありません。

脱衣所は結構広め。浴室との仕切りはガラス戸になっており、中が丸見えです。
噂に聞いていた、薄緑色した透明のお湯が張られており、だんだん気分が高揚してくる。
さっさと服を脱ぎ、浴室の中へ・・・

↑ クリックすると画像を拡大できます
浴室内は、潔いほどにシンプル。
まず、浴室のど真ん中に大きめな湯船が一つ。周囲は洗い場になっています。
浴槽の真ん中にあるのは湯口で、そこから勢い良くお湯が掛け流されています。

まず驚いたのが、お湯の臭いです。基本的には硫黄臭なのですが、アブラ臭が
混じっていて、なんとも言えない独特な感じなのです。
さて、そのアブラ臭ですが、イメージしていた、鼻につくような刺激のある臭い
では無く、どことなく優しげで、不思議とリラックス出来ます。
普段、アブラ臭をあまり好まない私の彼女も、「ここだったらまた来たい!」と
言ってくれました。


次に、お湯の中に入ってまた驚きました。
実にヌルヌルしていて、肌がしっとりしてくる、とても優しいお湯です。
また、じっとしていると体中に気泡がビッシリつき、これまた実に気持ちが良い・
臭いだけで無く、お湯そのものの感触も絶品です。文句のつけようがありません。
温度は浴槽内41度で、湯口42度。勿論、循環などはしておらず、溢れたお湯は
タイルを伝って排水溝へ流れていきます。
湯口のお湯を口に含んでみたところ、硫黄の苦味と若干の塩分を感じる、比較的
飲みやすそうなお湯でした。アブラ臭から想像するような味で無く、飲泉用としても
結構イケるかも知れません。
(なお、私は口に含んだだけで、飲み込んではいません。飲むなら自己責任で飲んでね。^^;)

あまりにも気持ちが良いお湯だったので、まだまだアチコチ温泉に入らなければならないにも
関わらず、思わず長居をしてしまいました。
なお、長湯と塩分のせいか、湯上りはポカポカ。
たまたまこの日は雲一つ無い快晴で、汗が引くまでちょっと困りましたが・・・
冬場とか、暖かい温泉が恋しい時期に来ていれば、もっと気持ちが良かったかも知れませんね。


「日本一の温泉銭湯」。
私は日本全国の温泉銭湯に入っていないので、安易にココを日本一と決定する事は出来ません。
しかし、そう呼ばれるだけの価値がある、実に素晴らしいお湯でした。
とりあえず、個人的に「ウチの近所に欲しい銭湯ナンバーワン」である事だけは確かです。
もし都内にこんな所があったら、迷うこと無く、その近所に引越しをします。^^



2007年 4月 29日  − 再訪

湯めぐりはじめてまだあまり経験が無い時期 に訪れた一湯。
約2年ぶりの再訪となりました。
一時期改装工事で休業していたそうですが、それも終わり、今まで通りに
利用出来ます。
以前とほとんど同じ佇まいですが、どうやら浴室内に柱が2本増えたそうで・・・
言われてもほとんど分かりません。 ^^;
お湯はほんのりアブラ硫黄臭がする温めのもので、相変わらずのザブザブ
掛け流し。
以前入った際は、他と比較する事が出来ず、「新屋は新屋」だったのですが、
今回改めて入ってみて、月岡と戸倉上山田を足して2で割ったようなお湯と
言う印象を受けました。
以前はもう少しアブラ臭がしたような気がするのですが・・・
気のせいかな?


再訪するって面白いですね。常に新たな発見があります。



2009年 4月 12日 − 再訪

利用するのは3度目です。前日に友人と一緒に目の前まで来たのですが、時間の都合で、
立寄らずに駐車場でUターンしてしまいました。
そんな事されたら、当然気になって気になって仕方が無い訳で、その翌日入りに来た
と言う訳です。

久し振りの新屋、やっぱ気持ちが良いなぁ〜!
そう言えば、一時期お湯が無色透明だったと言う話も聞きますが、この日はいつも通り
に緑色です。相変わらず良いお湯ですが、無色のお湯も見たかったなぁ。ちょっとだけ
残念。でもまぁ、気持が良いのでヨシ。
入る前から「今日はココがシメの湯!」と決めていたので、思い残しの無いよう、じっ
くり堪能してからあがりました。
いやぁ、気持ち良かった! またきま〜す!