休暇村田沢湖高原 乳頭温泉
★★★★ 4.0
http://www.qkamura.or.jp/tazawako/
最終入湯日 : 2006-8/21
訪れた回数 : 1回

場 所
秋田県仙北市田沢湖生保内字駒ヶ岳2-1
電 話 0187-46-2244
風 呂の種類
男女別内湯
料 金
500円
営 業時間
11:00 - 18:00





飲 泉
循 環
塩 素
加 温
加 水





 
単純硫黄温泉
(田沢湖高原温泉/空吹1号、2号、4号、黒湯下混合泉)  58.1度
Na+ = 71.1 / Cl- = 93.2 / HCO2- = 37.1 / SO4- = 25
H2SiO3 = 92.5 / CO2 = 90.2 / HS = 22.9

ナトリウム-炭酸水素塩泉
(乳頭の湯) 52.7度 / ph6.5 / 200L
Na+ = 440 / Ca++ = 58 / Mg++ = 46 / K+ = 15
Cl- = 49 / HCO3- = 1460






乳頭温泉郷の玄関先とも呼べる場所にある立派なホテルです。
「乳頭 = 秘湯」と言う先入観で訪れると、あまりのギャップに気が動転してしまうかも
知れません。
とても巨大な建物に、整備された駐車場が完備。中に入ると、とても広々としたロビーに
多くの人がごった返しています。都会のシティホテルを思わせるフロントがあり、そこで
入浴の受付をしました。
ちなみに、入浴料は500円ですが、私はこの時北東北の温泉本を使った為、無料で利用
出来てしまった次第です。何とも申し訳ない・・・ ^^;


 

 

さて、お風呂ですが、エレベーターに乗り、 長い廊下を歩いた先に
ありました。
館内が広々としている事がよーく分かります。そう言えば、2日前に
訪れた網張温泉の休暇村もお風呂まで矢鱈歩いた記憶があるの
ですが、敢えてそうしているのだろうか。
お風呂は全て男女別で、混浴は無い様子です。それぞれに内湯と
露天風呂がありました。

まずは内湯。清潔で広々とした浴室には、使い勝手良さそうな洗い
場と、湯船が2つあります。
手前の湯船にはほんのり黄味がかったお湯が張られていました。
こちらは「乳頭の湯」だそうで、この休暇村が持つ独自の源泉です。
重曹泉だそうで、肌触りがヌルヌルツルツルしてなかなか気持ち良く、
しっかりとした浴感があるものです。
浴槽が広すぎるせいか、鮮度が感じられないのが残念ですが、お湯
からは鉱物臭と、ほんのりアブラ臭がしました。
試しに湯口に鼻先を突っ込み、嗅いで見たところ・・・
仰け反ってしまう程にツーンと来るとても強いアブラ臭を感じるでは
ありませんか!
アブラ臭がするなんて、聞いておらず、ビックリ仰天です。
何かの間違いかも知れないと思い、何度も湯口をしたのですが、
紛れも無くアブラ臭です。
ちょっと得した気分になりました。

続いて、奥にある湯船。こちらには白濁のお湯が張られています。
硫黄臭が漂う、いかにも温泉って感じのお湯で、どうやらこれは、田沢湖
高原温泉からの引き湯だそうです。
入り心地良く、硫黄泉が好きな私には嬉しくなるお湯ですね。
ただ、田沢湖高原温泉で入った同じ源泉のものに比べると、少し薄い
印象があります。
引き湯距離の影響か、加水でもしているからかな?
これはこれで良いのですが、重曹泉の魅力に比べたらって感じで、入浴は
お湯を確認する程度にとどめました。

内湯の先には露天風呂もあります。
屋根がついており、仕切りもあるので、あまり眺望は望めません。
こちらにも白濁の田沢湖高原温泉のお湯が張られています。
お湯の使い方なのか、こちらの方が若干濃い印象ですが、田沢湖高原
温泉の源泉本来のものと比較すると、矢張り力強さに欠ける印象です。
これだけしか知らないのであれば、充分満足出来るのですが・・・
それよりも、内湯の重曹泉が気持ちよく、露天の方もお湯を簡単に確認
した程度で切り上げてしましました。

思いがけずに見つけてしまった、個性的なアブラ臭のするお湯で、とても楽しむ
事が出来ました。
乳頭温泉にあって、全然秘湯っぽさを感じない、浮いた存在と言う印象がする
施設ですが、アブラ臭が好きな人には是非とも訪れてみて貰いたい一湯です。